不登校

【不登校体験談】学校に行きたくないのは親のせい

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

私は鹿児島県に住む現在27歳の会社員です
最終学歴は高卒、職を転々とし現在の会社に落ち着き
妻と娘に囲まれとても幸せな毎日です

そんな私も今から13年前の中学2年生の時
不登校になった事があります。
その原因というのが私の両親にありました

私が育った家庭はとても貧乏でした
今日の100円が無い、明日の米がない
といったテレビで見るような環境で育ちました

そのせいなのか物心ついた頃から他人に対する
嫉妬、羨む気持ちというのは全く無く
うちはうち、よそはよそ
という気持ちが今も残っています
ですが、思春期真っ只中の中学2年生の時に
どうしても我慢できない事がありました
それは、学級費の滞納による先生からの声かけでした

私の中学では購買部にいる先生に
学級費を渡すという決まりになっていたのですが
その先生は
私が購買部で友達と買い物をしているのを見つけると
「○○君学級費はいつ持ってかれるかな?」
と友達の前で平気で言ってしまう先生でした
あとで聞いたのですが
なんと学級費の滞納が出た場合は
先生達が自分で立て替えていたらしいのです

そんな事とは思いもせず
度々聞いてくる先生に嫌気がさし
自分の両親に
「☆☆先生が?って言ってくるよ!どうにかしてよ」
と相談しました
すると父親が
「学校の先生2(時と場所を考えないのはおかしい!」
と激昂し学校側に怒りの電話をしました
これこそが私の不登校の始まりだったのです

後日学校側から謝罪があったのですが
それからというもの
購買部や職員室を通るたび
「○○君学級費は?」
と今までよりも大きな声で聞かれるようになったのです。
これに耐えきれなくなった私は泣きながら
「あの先生達どうにかしてよ!」
と父親に訴えました
ですが
「払えない俺たちが悪い。悪いが我慢しろ」
と血も涙もない言葉をかけられました
払えない払えないとは口ばかり
連日の麻雀、パチンコ、競輪に
我が家の生活費は消えていっていたのです

これは先生が悪いんじゃない
父親が悪いんだと思い出すようになり
不信感は募るばかり
そんな中面の皮の厚い父親は学校に度々出向き
皆いる中、大きな声で怒鳴り散らすのです

するとどうでしょう
「あれ○○の父ちゃん?めっちゃやばいね笑」
「何であんなに怒ってんの?」
などと友達に言われ始めました

これが一番の屈辱でした
同級生からは蔑まれ、先生達からは腫れ物扱いの私
これを機に学校には行かなくなり
友達と呼べる友達もいなくなりました
高校も定時制にし
極力人と会うのを避けて生活していました

ですが転機が訪れます
卒業と同時に就職した会社で
今の妻となる女性に出会うのです

妻は気が利き、他人を思いやり、何事も先回りし
相手が気持ち良く過ごせるように考える
大変気持ちの優しい方です

そんな妻惚れた私は必死で変わりました
この人に好かれようと必死に頑張りました

それから月日は流れもうすぐ10年
学校にもろくに行かなかった私は
現在小さな会社の専務にまでなりました

学校に行きたくない人へのアドバイスです
無理に行く必要は無い
行きたくないなら行かなきゃいい
大人になればまた出会える人も増える
という事です
学校が全てではないという事です

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者2000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!