不登校

女子特有のいじめにあった。学校だけがすべてじゃない

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

私は小学生のころ、いじめを繰り返すグループにいました。
定期的に誰かひとりを仲間外れにして、ボスがそれを支持するのです。
女子特有のグループですよね。

そんなグループに所属していたので、私はいじめの加害者も被害者も経験しています。
小学4年生から始まったいじめのループは中学1年生まで続きました。
私はどちらかというと仲間外れにされることのほうが多かったかな。

仲間外れにされても親には言えない。
でも辛い。
学校に行きたくない。
そんな思いがぐるぐると頭の中をめぐりながらも、平気なふりをしていたことを覚えています。

親はもしかしたら私の様子がおかしいことに気づいていたのかもしれません。
でも問い詰めることもなく、毎日笑顔で迎えてくれます。

ついに耐え切れなくなった私は母親に仲間外れにされていることを話します。
母親は私のことを一番に考えてくれ、
「学校に行くのも行かないのもあなたの自由だから」
といって私に任せてくれました。

仲間外れを繰り返すグループは、何の罪悪感もないんですよね。
暇つぶしやちょっとした遊びの感覚なんです。
「学校を休めばボスの思うツボ」
そう感じていた私は、学校を休むという選択肢を残しつつも学校に行き続けました。

学校に行けたのは、家庭が安心できる場所であったことや、私を受け入れてくれたほかの友人がいたからです。
でもやっぱり学校に行きたくないと思うこともあったことは確かです。

私は今小学3年生の娘がひとりいますが、もし娘が同じ立場になった時には学校に行く必要はないと伝えるでしょう。
学校で学べることはたくさんあるかもしれませんが、それよりも生きることのほうが大切だと感じているからです。

勉強は本人がやる気になれば家庭でもできるでしょう。
他者とのコミュニケーションを不安視するなら、別のコミュニティに所属すればいいだけの話。
生きていること、生き続けることよりも大切なものはありません。

子どもの世界はとても狭いです。
そんな狭い世界でも、子どもにとってはその世界がすべて。
そこでつらい思いをしていると、すべてが真っ暗闇になってしまうことも。

そこから助けてあげられるのは親だけだと思っています。
世間体なんて気にせずに、思う存分休ませてあげればいいと思います。
1週間で1ヶ月でも1年でもそれ以上でも。

私は母親にしっかりと見守ってもらえたことで、つらいながらも学校生活を送ることができました。
今こういった思いを持っているのも、見守ってくれていた母親のおかげだと思っています。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!