ギモンに切り込む

私は不登校をデメリットに感じたことはない

私は小学3年生から4年間、不登校でした。
集団生活が苦手だったことが理由になります。

当時は集団の中にいると、途端に気持ちが悪くなって吐いてしまっていました。

勇気を出して登校しても、保健室がやっとでした。
教室に入るなんてもってのほかです。
そのため、私の小学校の思い出は保健室が大半になります。

当時はいろんな人からいろんなことをいわれました。

「勉強しないのは甘えだ」
「このままだと社会でやっていけないよ」
「学校に行くことは義務だよ」

しかし、学校で勉強をしない=悪なのでしょうか。
私はそうは思いません。
少なくとも、私は不登校をデメリットに感じたことはないです。

学校の勉強はその気になれば家でもやれます。
集団生活だって、学校外ですれば良いでしょう。
友達だって、学校で無理に作る必要はないはずです。

少なくとも、私は不登校を通じてたくさんを出会いを経験しました。
中でも保健室にはたくさんの出会いがありました。

私が通っていた小学校では、保健室は授業をズル休みする人の溜まり場でした。

しかし、それが私にとっては救いでした。
保健室にくる生徒は皆ゲームをしたり、トランプをしたりして好きなことをしていたからです。

学校に行かないことを悪くいってくる生徒は一人もいませんでした。

私はというと、保健室で仲良くなった子に裁縫を教えてもらいました。
それまで針を持ったことがない私でしたが、裁縫は一人でやれることもあって、私の性格に合った遊びでした。

不登校期間だけで合計100匹以上のぬいぐるみを作りました。
それほど裁縫は私にとって没頭できることでした。

それから私は裁縫がきっかけで裁縫クラブに入ることになりました。
はじめは不登校の私を好奇の目で見る部員もいましたが、裁縫好きな者同士だったのですぐに意気投合しました。

するといつしか私の不登校は直っていました。

そんな私は現在、裁縫を使った仕事をしています。
きっかけはもちろんあの日の保健室です。

今は好きなことを仕事にしてとても楽しい日々です。
不登校になっていなければ、違った人生を歩んでいたかもしれません。

そのため、学校に行かないと生きていけないとは思わないで欲しいです。
間違っても不登校=悪いことではないです。

もちろん学校に行くことは素晴らしいことです。
頑張って学校に行くことはたくましい限りだと思います。

しかし、学校へ行くことに大きなストレスを感じているなら、一度行くことを止めてしまうのもアリです。

そうなったら、思い切って自分が好きなことに時間を注いでみて下さい。

ハマれるものなら何でも構いません。
ゲームやアニメなど、学校で良しとされていないことでも全然OKです。

私は大好きな裁縫に打ち込むことで、楽しい生活を送れましたから。

P.N ゆうきっくす

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事