ギモンに切り込む

ヤンチャグループから不登校へ

私の息子は、小学校を卒業するまでは誰からも好かれる人気者だったのですが、中学生になるとヤンチャな先輩とつるむようになり徐々に生活が荒れ出し始めました。

住んでいる地域は昔からヤンチャの者が多く、裕福な家庭のお子さんであれば私立校へ進学、息子はもともと気が小さく、イジメられないように悪いグループに属していました。

息子が属するヤンチャグループは、先輩が絶対的な厳しい縦社会、グレ始めた時は私の財布からお金を盗むくらいだったのですが、先輩から要求される金額が多くなると、自宅にあるものを勝手に換金、それでも賄えなくなると他人様に迷惑を掛けるようになりました。

グレていてもモノの分別は付く息子、グループから離れたいと思い距離を置くようになると、暴行による肉体へのダメージ以外に、SNSを使った嫌がらせ、被害は息子本人だけでなく友達や家族にまで及ぶため、自身のことで周りに迷惑を掛けたくない息子は1人で耐えていました。

都会であれば学校を選べるのかもしれませんが、私達家族が住む地域には通える学校が限られ、勉強が出来ないヤンチャな子供達は一様に同じ高校へ進学、その学校でも息子は陰湿なイジメを受けていました。

私が学生の時は、怖い先輩が恐れている怖い先生や先輩がおり、イジメを見つけると体を張って守ってくれたもの、生徒も高学年になると就職や進学のために大人しくなったものですが、今の子供はネット社会でも繋がっているため、学校を離れても関係は継続、一度仲間から外れると挽回することはまず不可能です。

子供を按じる私は子供が通う学校に相談、しかし、その当時はモンスターペアレントにより先生が萎縮、遅くまで学校に残っていると先生も被害に会うため、相談することも容易ではありませんでした。

学校には自分達のことは自分達で決める自治権があり他の介入を嫌う傾向が、他の機関も教育に関わることは躊躇う傾向、誰に助けを求めて良いのか分からず困っている時に見聞したのが通信制の学校でした。

親心として、せめて息子には高校までは行かせたい、行って欲しいとの願いから、息子をヤンチャグループが通っている高校に進学させてしまったことを私は後悔しました。

息子の高校を学力だけで選んでしまったため、レベルの低い学校にはレベルの低い者が集まり、当然としてトラブルに巻き込まれ易く、また、自宅から通える視点でも高校を選んだため、問題を抱えている地域では教育に悪影響です。

経済的なこともあり引越しをすることが出来なかったのですが、通学をしなくても学べる通信制の学校を視野に入れると世界は広がり、息子は学業に専念することが出来ました。自宅に引き籠もっての生活は窮屈だったと思うのですが、息子にしたらイジメを受けるよりはうんとマシ。

暫くはヤンチャグループが自宅に駆け付け騒いだりするなどして嫌がらせをしていましたが、御近所さんに事情を話すと協力をしてくれ、何かあると直ぐに通報、そうすると嫌がらせは徐々に減りました。

通信制でもたまにスクーリング(登校)する場合があり、その場合は私がガードして送り迎え、大学に入ると良き仲間に出会い現在は楽しく過ごしています。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事