ギモンに切り込む

学校に通う意味はないかもしれない

ペンネーム「自由人」

いろいろな不登校があるとは思うのですが、私の場合は、高校時代に軽い不登校でした。

今になって当時の気持ちを整理すると、理由は2点あったと思います。それは、「授業がつまらなかったこと」と「気の合う友達がいなかったこと」です。

1990年代半ばに、私は高校生活を送りました。バブルが弾け、会社員をリストラが襲い、「1つの会社に入れば一生安泰」というそれまでの日本社会の秩序が変わり始めていた頃です。

今考えると、両親が厳しい状況に立たされていた同級生も多かったかもしれません。

そんな世相を感じ取っていたのか、「社会とは結局、実力主義なのではないか」と私は薄々思っていました。

加えて、両親を含めた周りの大人が高校時代に学んだことなどすっかり忘れて生活していることにも気がつき、私は結局、「もっと役に立つことを学びたい」「この授業は無駄だらけだ」と思うようになりました。ですから当然、日々の授業に意味を見出せなかったのです。

それから、私にはあまり友達がいませんでした。心の底から好きだと思える友達は今考えると1人しかおらず、あとは「付き合い」としてつるんでいた友達が数人いただけです。

これについては、理由も何もありません。「好きな人がいない」のですから、しょうがなかったと今も思います。

この2点から、私は学校をよくさぼるようになりました。仮病を使って数日連続で休むこともよくありました。ただし、ちゃんと自分なりの計算はあって、卒業できなくなるほどは休みませんでした。そこは妥協して、最低限の出席日数は保つようにしていたのです。

そんな私ですが、高校卒業後に数年間フリーターをして、そこで世の中のことを知りました。生きていくにはお金が必要なこと、お金を稼ぐには誰かが欲する何かをしなければならないこと、我慢して付き合わなければいけない人もいること、などを学びました。

正直、高校生活よりも、この数年間のフリーター生活の方がよほど勉強になったと思います。

そしてその後、お金を稼げることで自分に向いていそうなことを見つけ、私は専門学校に通い始めました。

自分で学びたいと思ったことを学ぶのは、とても楽しかったです。また、同じ気持ちでその学校に入ってきた人たちとも、やっぱり気が合いました。「同志」ですからね。そこでは不登校などはあり得ず、充実した学校生活を送ることができました。

そして卒業後は、普通に働き始め、今も同じ職種で働いています。ちょっと「はぐれ者」高校生だったあの頃の私を知っている人には、意外に思えるかもしれません。

今となって思うのですが、「日本の高校生が学ぶことは、非実用的で無駄が多い」のではないでしょうか。

それから、「友達ができるかできないかは、ただの運」です。そもそも、利害関係抜きでも付き合える本当の意味での「友達」など、みんなそうはいないのではないでしょうか。

「不登校」というのは、単なる選択肢の1つなのだと私は思います。

基本的に学校とは、「学ぶこと」「人間関係を作ること」が目的の機関なのでしょうが、「この学校ではそれができない」と思ったならば、別に無理をしてそこへ通う必要はないのではないでしょうか。

人生は長く、世間は広いものです。時間が経てば、場所が変われば、どんな人でもそういった場所は見つけられると、今の私は思うのです。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事