ギモンに切り込む

【不登校体験談】人生の休憩をしないと

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

12年前。2007年ですね。私は不登校になりました。
理由は家庭の不和や、ついていけない授業、厳しい部活など。
自分の実力以上の学校に入学してしまったという、力量の見誤り。

友達がいないことはありませんでした。仲のいい子はいました。
でも友達が全てを解決してくれるわけでもなく。
私はうつ病を患ってしまいました。

学校に行くといって電車に乗っても、眩暈に吐き気。
周りの通学中の学生の声がうるさくて気持ち悪くて。
全部が私の悪口に聞こえて、うずくまるしかなかった。

駅で、スクールバッグに詰めた教科書ではない、私服に着替えて。
ぼーっと公園で遊んだりしていました。
学校が苦痛だから、一人で出した決断がこれ。逃げ方がこれ。

いずれ親にもバレ、保健室登校になりました。
机に突っ伏して寝るだけ。それだけ。
それでも教室に行くよりマシでした。

もう部活にも顔を出せなくなり、どんどん私は塞ぎ込んで。
気づいたら、退学会議が開かれていました。
親も同伴で。

そして私は最初の高校を中退、そして系列の定時制高校へ、四月から通うことに。
…それも一年続いただけで、中退してしまいましたが。

それから私は心療内科に通いながら自宅療養をしていくことになりました。
高校のことなんて、諦めていました。

ゆっくり、まったり、時間に追われない日々を過ごしました。
しばらくは外にも出ませんでした。
家のことも手伝えず、家でぼうっとすることばかり。

やることといえば趣味のゲーム。
好きなことに費やす時間が全然なかったので、やるなら今かなあという思いもありました。
好きなことをゆっくりすること、大事な時間だと感じました。

半年以上経ったころ、少しずつ家事が手伝えるようになっていきました。
なんだか出来ることが増えていき、自信につながりました。

そのうちに、「高卒の資格だけは取りたいなあ」
と、漠然と思うようになりました。

そして中退から一年療養したのち、夜間定時制高校へ入学しました。
そこへはアルバイトをしながら四年通い、無事卒業。

不登校になる理由は様々です。
そうやって疲れ、心を閉ざしてしまったとき、人生の休憩が必要なんだと思います。
私も自宅療養という休憩がなければ未だに陰鬱と引きこもり、高卒の資格も取れていなかったでしょう。

学校に無理に行き続けていたら、メンタルはもっと壊れていったんじゃないか。
そう思います。
だから自分を守るため。無理に行かなくていいんです。

学校に行かなくたって、いいじゃないですか。
学校に行かないと、自分に価値はなくなりますか?
いいえ。そんなことはありません。

学校は必ず行くもの、という固定概念ももういらないと思います。
親からのその強制で、余計にがんじがらめになって、辛くなっていきます。
親御さんは子供の心のレスキューサインに気づいてあげてほしいです。

最初は理解が出来なくても
「辛いんだね。無理しなくていいよ」
「今はゆっくり休もうか」
そうやって寄り添ってくれるだけで、救われます。

学校に行かないことで、将来がどうなるか心配!
という気持ちもあると思いますが、今をどうにかしない事には将来もっと苦しい未来が待っていると思うんです。

無理だけは絶対、してはいけません。
心に余裕が生まれるまでは。
私は一年でしたが、その期間は人それぞれです。
それは甘えではありません。見守ってください。

ペンネーム:花火

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者2000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!