ギモンに切り込む

クラスの人気者から不登校へ

今から10年ほど、当時僕がまだ高校生だった頃の事です。

元々私は友達が多く、自分で言うのもなんですが比較的人気者でした。

しかしある時、僕の事を羨んだ友人とその友達がある噂を流しました。

『○○君に関わると妊娠させられるよ』

もちろん全く根拠のないデタラメだったので最初はスルーしていました。

しかし高校で思春期ということもあって噂はどんどん広がりました。

最終的には僕のせいで中絶したという女子も出てきました。

腹を割って相談できる友人もおらず周りから距離を置かれるようになっていた時でした。

担任の教師から呼び出しがあり、噂の真相を問われました。

もちろん全くのデタラメだと言いましたが、完全に信じてもらう事はできませんでした。

それまで友達も多かっただけに、皆手のひらを返したように悪口や噂が伝わってきて本当に嫌でした。

友達だと思っていた人たちの視線がすごく嫌に感じるようになりました。

学校から次第に遠のき、人を信じられなくなった私はどんどん引きこもるようになりました。

学校はそのまま1年近く不登校を続け、高校3年の夏休みに中退の手続きをしました。

それから数年ずっと家に引きこもっていました。

両親は理解してくれてはいなさそうでしたが、僕のその時の状況を否定するような事は言わずそっとしててくれたのが救いでした。

ただ、家にいても正直暇です。

人間不信でしたが遊び相手も誰もいませんし、寂しさも感じます。

そこで以前買って少し遊んでいたオンラインゲームをする事にしました。

今思うとこれが僕の転機だったと思います。

オンラインゲームの中にはたくさんの人がいて気軽にチャットをしたり話したりできて、すぐに友達ができました。

ゲームも楽しいし友達もいて寂しさも忘れられるので、どんどんのめり込んでいきました。

ただ、さすがにゲームばかりしていた僕に両親もこのままでは駄目だと思ったみたいで、

「デイケアに行ってみない?」

と提案してくれました。

たしかにゲームばかりでは駄目だとは自分でも思っていたので、気分転換に平日何日か日中はデイケアに行くことにしました。

そこで知り合った人にたまたま同じゲームをしている人がいて、意気投合して一緒に遊ぶようになりました。

友人は僕より3つ上で色々な事を教えてくれました。

その中の1つがゲームで稼ぐという事です。

当時はまだ今ほどユーチューバーなどが流行っていなかった頃でした。

しかし、ゲームの大会に出たり実際のお金を稼げるゲームをすれば楽しみながら生きていけるという事を教えてくれました。

人間不信で夢も希望も見いだせなかった自分にとっては、眩しいくらいの希望の光みたく感じました。

それから5年。

現在は個人事業主としてゲームを中心になんとか一人で生活をしています。

高卒の資格は持っておいた方がいいという両親の勧めもあって、通信教育で高卒認定には合格することができました。

デイケアで出会った友人には本当に感謝しています。

彼がいなかったら今もまだただ引きこもってゲームをしていただけだったかもしれません。

人間不信が直ったかというと全くそうではありません。

ただ、信じてもいい人もいるんだと思える事ができました。

そしてそういう人が本当の友人なんだと思いました。

できれば裏切りや悪口などは言われたくないですし経験したくはないです。

でも不登校になったからこそ学べた事や今の仕事や友人など多くのものが得られたと思います。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEはじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事