ギモンに切り込む

不登校になったあと、みんなからの電話が嬉しかった。

1995年 高校1年の春、女子校に通うことになった私は、入学式には出席できたのに、数週間もしない内、不登校になってしまいました。

今なら その原因ははっきりわかります。
高校で別々になった親友との別れです。

私は内向的で会話の声も小さく、ひそひそ話し くらいでした。

親友は私とタイプが似ていたので、一心同体のような仲良しでした。

しかし高校の進路で離ればなれ になり、自分の高校の入学式で、一人ぼっち の孤独を身に染みて感じることに なったのです。

●焦らない両親

入学して1週間が過ぎ、2週間が経って、学校に行けなく なりました。

それは1年半 続くことに なります。

元々 存在感がなくて、同じ様に大人しい人が いつも私の側に居てくれましたが、満たされなくて、不登校に突入しました。

当時は自分のことが わからなくて、出られない自分が情けなくて惨めに思いました。

私の父・母は特に責めたりせず、後々、結果それに救われたと思っています。

特に母は何も言わず、登校するとかしないとか行動は、私に任せてくれましたから。

おかげで当時 気兼ねなく不登校で いられました。

母は専業主婦。まるで私が居て嬉しいかの様に世話をやいてくれました。

大人しかったので、特にやることもなく、マイペースに学習していると、母は1日1回は必ずオヤツを運んでくれたので、申し訳ない気持ちです。

●女性担任の対応

うちの担任は大らかな人で助かりました。

不登校になった時は毎日 連絡してきて様子を聞かれましたが、長くは なかったです。

その後は必要最小限に、学習すべき教科と範囲を週2で教えてくれて、自宅訪問は月1でした。

「どうお?」
と簡単に聞くだけで、追い詰められそうな事も言わないでくれたので感謝しています。

●クラスの子が心配してくれました。

先生の指示と思っていますが、学級委員が時々電話をくれて、

「待ってるよ。」

実はこれには焦りました。行きたいのです。

でも心と体のバランスが崩れていた、というのでしょうか、体がそうしないのです。

ある日、聞き覚えのない女子からの電話に母が応対し、

「そう伝えますね。」
という声がして、その事を母に聞き、誰だろう と思っていました。

なぜなら、不登校になった1年生の時から、もう2年生になっていたので、数人の顔しか浮かばなくなって いたのです。

名前も1年の時の学級委員しか覚えがなく、クラスも学校も遠くに感じました。

正直、登校することを思い描けなくもなっていて、そんな時の知らない女子からの電話に、久々に学生であることを実感した程です。

それが突然のキッカケになって、2年と数ヶ月振りに、学校に行けたのです。

何より、掛かった事のない あの子は誰か、名前と顔が気になって、それが私を動かし、学校に戻したのです。

「○ちゃんに、楽しみにしていることを伝えて下さい。」
と伝言を残してくれたの だとか。

登校した日、何の変わりもなく、毎日通ってたかと錯覚するくらい、一つもサプライズなく、普通にクラスに馴染みました。

そして彼女を見つけました。

休み時間、教卓に立って やけに明るく友達と はしゃいで いた女子です。

内向的で、彼女にチラチラ視線を送ることしか出来ず、電話が嬉しかったことも伝えられずにいて、

すると、その子が こっちを見て ニッコリ笑ってくれたのです。

このことが ずっと印象的に残っていて、自信につながった瞬間だったとも思っています。

この後も学校に行けるようになって、友達もできました。

●まとめ

怒らない両親と、
付かず離れずに対応してくれた学校、
さりげない気配りをくれたクラスのみんな。

それらの要素があって、何事も無かったかの様に通学を再開出来るようになりました。

私は恵まれていました。

参考になることが ありましたら、嬉しく思います。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事