不登校

不登校になったあと、みんなからの電話が嬉しかった。

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

1995年 高校1年の春、女子校に通うことになった私は、入学式には出席できたのに、数週間もしない内、不登校になってしまいました。

今なら その原因ははっきりわかります。
高校で別々になった親友との別れです。

私は内向的で会話の声も小さく、ひそひそ話し くらいでした。

親友は私とタイプが似ていたので、一心同体のような仲良しでした。

しかし高校の進路で離ればなれ になり、自分の高校の入学式で、一人ぼっち の孤独を身に染みて感じることに なったのです。

●焦らない両親

入学して1週間が過ぎ、2週間が経って、学校に行けなく なりました。

それは1年半 続くことに なります。

元々 存在感がなくて、同じ様に大人しい人が いつも私の側に居てくれましたが、満たされなくて、不登校に突入しました。

当時は自分のことが わからなくて、出られない自分が情けなくて惨めに思いました。

私の父・母は特に責めたりせず、後々、結果それに救われたと思っています。

特に母は何も言わず、登校するとかしないとか行動は、私に任せてくれましたから。

おかげで当時 気兼ねなく不登校で いられました。

母は専業主婦。まるで私が居て嬉しいかの様に世話をやいてくれました。

大人しかったので、特にやることもなく、マイペースに学習していると、母は1日1回は必ずオヤツを運んでくれたので、申し訳ない気持ちです。

●女性担任の対応

うちの担任は大らかな人で助かりました。

不登校になった時は毎日 連絡してきて様子を聞かれましたが、長くは なかったです。

その後は必要最小限に、学習すべき教科と範囲を週2で教えてくれて、自宅訪問は月1でした。

「どうお?」
と簡単に聞くだけで、追い詰められそうな事も言わないでくれたので感謝しています。

●クラスの子が心配してくれました。

先生の指示と思っていますが、学級委員が時々電話をくれて、

「待ってるよ。」

実はこれには焦りました。行きたいのです。

でも心と体のバランスが崩れていた、というのでしょうか、体がそうしないのです。

ある日、聞き覚えのない女子からの電話に母が応対し、

「そう伝えますね。」
という声がして、その事を母に聞き、誰だろう と思っていました。

なぜなら、不登校になった1年生の時から、もう2年生になっていたので、数人の顔しか浮かばなくなって いたのです。

名前も1年の時の学級委員しか覚えがなく、クラスも学校も遠くに感じました。

正直、登校することを思い描けなくもなっていて、そんな時の知らない女子からの電話に、久々に学生であることを実感した程です。

それが突然のキッカケになって、2年と数ヶ月振りに、学校に行けたのです。

何より、掛かった事のない あの子は誰か、名前と顔が気になって、それが私を動かし、学校に戻したのです。

「○ちゃんに、楽しみにしていることを伝えて下さい。」
と伝言を残してくれたの だとか。

登校した日、何の変わりもなく、毎日通ってたかと錯覚するくらい、一つもサプライズなく、普通にクラスに馴染みました。

そして彼女を見つけました。

休み時間、教卓に立って やけに明るく友達と はしゃいで いた女子です。

内向的で、彼女にチラチラ視線を送ることしか出来ず、電話が嬉しかったことも伝えられずにいて、

すると、その子が こっちを見て ニッコリ笑ってくれたのです。

このことが ずっと印象的に残っていて、自信につながった瞬間だったとも思っています。

この後も学校に行けるようになって、友達もできました。

●まとめ

怒らない両親と、
付かず離れずに対応してくれた学校、
さりげない気配りをくれたクラスのみんな。

それらの要素があって、何事も無かったかの様に通学を再開出来るようになりました。

私は恵まれていました。

参考になることが ありましたら、嬉しく思います。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!