不登校

不登校に専念したら不登校を卒業した話

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

著書の無料公開やコラム、記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

中学二年の春、
わたしは嫌がらせを受けて不登校になりました。

きっかけはいわゆるイジメなのですが、
イジメる側もずる賢く、原因を伝えてきません。
行為も止めるほどではないが心を抉る程度に調整されていました。

振り返ってみれば、その行為に負けた原因は過去にあり、
その性格、悩み、人間関係等、
複雑に過去の出来事が重なりなるべくしてなったとも言えました。

当人には原因がわからないのです。説明できないのです。
イジメは善悪の単純な関係、としか教えられてないのですから。

周囲はある人はやり返せといい、ある人は無視しろといいます。

イジメる側は、やり返したら、
徐々に強くやり返すと言いました。
そしてそちらが先に過剰な行為をしたことにすると言いました。

無視をすれば、無視できないように慣れないように、
方法を変えてやり続けます。

当人になぜかと聞けば、楽しいからと返ってきます。
止めることも、止めてもらうことも出来ません。

次第に感情は不安定になり、そうなればなるほど、
相手はまともに振る舞いやすくなりました。

ついには休んでしまいます。
しかし正しく説明ができないのです。

周りもなぜその程度で?としか思いません。
当人にとってはアナフィラキシーショックで瀕死でも、
周囲にとってはハチの弱い毒でなぜ?としか映りません。

当人は追い詰められ、
暴力に晒された非日常であっても、
周囲は日常のままでした。

なので不登校は異常であって、やめなければと、
当人は周囲との温度差で更に追い詰められていきます。

そうなってしまえばまともに頭の中で予定も立てられません。
当人にとって自分の部屋でさえ非日常の異世界なのです。

ストレスの原因が伝わっていなければ、
ストレス発散の行動も周囲からは異常行動です。
日常に戻れと親や周囲の圧力も増していきます。

きっかけは夏季休暇。

終業式も出れないのを見て、親が先に諦めました。

そして、明日の出席の話ではなく、
もっと先の、高校を諦めた場合どうしていくかという話に変わったのです。

そして丁度長期休暇でも有るし、
授業が再開しても、
すべて選択を自由に自分で決めていいと伝えられました。

その日から頭の中が静かになり、
貧乏ゆすりや、階段や電話の音に怯えることもなくなりました。

そのちょっとした余裕があるだけで、
他人の感情が読み取れ、教師が心配している事もわかるようになりました。

干渉はこの段階でようやく意味を持ち、

不登校で生じた周囲とのマイナスをどう取り戻すかではなく、
自分になにか出来ないかに変わりました。

それまでの不登校は休んでいるのに休めていなかったのです。

そしてとことん休んだ結果、
ここまで休んだら、
逆に登校時の反応が気になるという興味に辿り着きました。

親に殴られても、自分の意志のせいで登校しなかった人間が、
自分の意志のおかげで登校したのです。

余裕のない人間に、愛の鉄拳はただの暴力。干渉は圧力。
余裕のある人間に、無関心は無気力へのいざない。

わたしは不登校をしっかりとさせてもらい、
それでも見捨てられなかったおかげで今の日常があります。

他の不登校体験談も読んでみる

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っていので書きやすいと思います。詳細はこちらの記事を。

オススメ記事↓
>>【評判】すららの5つの特徴とメリットを徹底解説【不登校生におすすめ】

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者4000名超えました!

なお、友達登録特典で著書の無料試し読みと僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

小幡和輝の活動を応援してくださる方は、Amazon、楽天で何か買い物をする際に以下のURLからページにアクセスして商品購入していただけると嬉しいです。

購入金額の一部がAmazon楽天から支払われますので活動資金とさせていただきます。

みなさんのご負担がなく寄付できる仕組みです。

あと、読んでほしい記事のまとめです!

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方が記事を寄稿してくれました。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

みんなの不登校体験談はこちらから読むことができます

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
LINEで最新情報を受け取る