ギモンに切り込む

【不登校体験談】中学校時代の同級生が2人自殺。

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

私は現在26歳。昨年結婚し、専業主婦になりました。不登校を経験したのはもう10年も前、当時高校一年生の頃のお話です。

私は昔から勉強が好きで、入学した高校も地元では有名な進学校でした。入学式を迎えた私はこれから始まる高校生活に大きな希望を持っていました。

しかし5月、事件が起こりました。中学校時代の同級生が2人一緒に自らの命を絶ったのです。それも、私が高校受験に必死になっていた時期に様々な悩み相談を受けていた子たちでした。目の前が真っ暗になりました。

私が受験のことばかり必死になり、生きようと必死だった友達の助けを求める声を適当に受け流してしまったばっかりに。自分を責め続けた私は授業に全く集中できなくなり、夏休みに入るころには全く勉強についていけなくなっていました。

長い夏休み。毎日自分を責め続けた私は自傷行為に走るようになり、新学期が始まるころには不眠から昼夜逆転生活へ。外へ出ることはなくなり、毎朝母と喧嘩をしながらも部屋のドアを開けることはありませんでした。

勉強するということ、人とかかわるということがトラウマとなった私はその後半年間、部屋からほぼ出ず、考えることをやめてただ呼吸だけをしていました。自分の思いをアウトプットする機会もなく、結果そのストレスを自傷で発散。傷はどんどん酷くなり、救急車が自宅の前にとまる事態も頻発し、母は毎日泣いていました。

積もった雪が解ける頃。母が私の部屋の前で言いました。

「もう無理に勉強しなくていい。ただ生きていてくれたらそれでいいから。」

その言葉を聞いて、身体が軽くなった気がしました。勉強をしようとすると、亡くなった友人のことを思い出す。でも勉強をしないとちゃんとした大人になれない、だからやらないと。でもできない、そんな自分はこのままどうやって生きていくのか?

頭を離れなかったジレンマから解放された気がしました。その日から、少しずつ家族とコミュニケーションをとるようになり、桜が咲くころに通信制高校への編入を決意しました。

自分のペースで、できるときに少しずつ学習する。高校を変えたことは私の精神面に大きな余裕を生みました。時間はかかりましたが、私は勉強に対するトラウマを少しずつ克服し、定期的に開催されるスクーリングによって「人とかかわる」ということのトラウマも克服することができたのです。

勉強は確かに、生きていく上で大切なことだと思います。しかし、もっと大切なことがあると、私はつらい体験と不登校を経て学びました。もっと早くそれに気づいていたら、あの時2人の友人の命を救えたのかもしれないと今でもたまに脳裏をよぎります。しかしずっと受け入れられなかったその事実も、今では自分の傷の一部として受け入れています。

私はあと少しで母親になります。そうなった今、当時の自分の親の気持ちがやっとわかるような気がします。「ただ生きていてくれればそれでいい。」母があの時私に言った言葉はずっと忘れません。勉強が全て、良い学校へ行くことが全てだと思っていた私はもういません。

勉強ができなくても、嫌いでも、不登校でも、私はこれから生まれてくる自分の子どもがどんな状況になったとしてもただ生きてくれればいいと、それだけを願うと思います。過去のトラウマや自傷行為への依存で苦しみながらも、今私は生きている、そして幸せです。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者1000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
関連記事