ギモンに切り込む

休むことも大切。教室に行かなくても幸せになれるよ。

私は今幸せです。それは自信を持って言えます。
私はもうすぐで30歳。毎日仕事を頑張り、好きな人と毎日過ごす日々。

当時の私には想像できなかった生活です。

約20年前、両親が離婚し、当時小学生だった私は初めて引越しをしました。
今まで近所の友達と何も問題なく過ごしていた小学校低学年。
小学校が終わると毎日友人の家に行き遊んでいました。
そんな楽しい毎日を送る中、急な離婚。
私は母に引き取られ、母の実家の田舎に引っ越しました。

引越したばかりの時は祖父母と母と新しい生活だと楽しくて仕方がなかったです。
母の母校である小学校に姉と共に転校しました。
転校した最初は、みんなにちやほやされました。
毎日違う学年の子もクラスに会いに来てくれました。
しかし、そんな人気者もつかの間でした。

突然、、、
クラスの女の子からいじめのターゲットにされました。
理由はよくわかりません。
私は毎日一人でした。みんな先生がいる前では私のことを優しく声かけてくれました。
しかし、休み時間は私はいつもひとりぼっち。

放課後も誰も一緒に帰ろうって言ってくれません。私のことを見ながらクスクス笑いだすクラスメイト。

私は居ても立っても居られない状況でした。
当時お腹がすぐに痛くなる私は、たまたま日曜日にお腹が痛くなりました。

心配性の母は「明日学校休む?病院に行こう。」

と、私は翌日学校を休みました。

すると、クラスメイトから休んだ子宛のお手紙が届きました。
普段はいじわるなみんなの優しい言葉。

優しく声をかけてくれる母。

勉強をしなくていい時間。

私はその日から、何かと理由をつけては休むようになりました。

ついに、小学校6年生の頃には完全なる不登校。

しかし、私は不登校時代、母から怒られたことはありません。

母は私がいない部屋で泣いていました。

当時母が、祖父母に自分のせいで不登校になったと泣いていたのを覚えています。
そんな母を見ても学校には行けない自分。

しかし、いつも祖父が一緒に自分の若い時の話をしてくれました。
私は学校に行くのは嫌でした。
しかし、祖父母から歴史の話を聞いたり、ソロバンを習うのは楽しかったです。

母もドリルを準備して、一緒に勉強してくれました。
そして一言、ごめんね。
とつぶやきました。

母は
自分のせいで学校が変わってしまった。
申し訳ないとずっと謝ってきました。

私は自宅で支えてくれる人がいました。

何度も、一人なら死にたい

生まれてこなければよかった

私なんかクラスの邪魔者

と、毎日自分で自分に言って涙を流していました。

しかし、家では私の居場所がありました。

私を待っている家族がいます。

祖父母は毎日私に

ごはんおいしい?
美味しいならよかったよ
作りがいがあるね

と言ってくれました。

学校は義務教育であります。

しかし、無理に学校で勉強しなくても大丈夫です。

みんな誰しも家族がいます。

あなたを必要としている人がいます。

その人との人生を第一に考えてみてください。

きっと何か自分が安心できる時間や居場所が見つかります。

急ぐ必要はありません。

ゆっくりかもしれないけれど
自分に合う人
自分が興味のあるもの
自分がやりたいこと
必ず長い人生で出会います。

私は自宅で勉強を頑張り
病気がちな祖父母のために
今は看護師として働いています。

やりがいを見つけたり
自分を必要としてくれる人は
学校以外でも
必ず見つかると私は思います。

自然に任せる時間も大切です。

いまいちど、お家でゆっくりとすごして
自分や家族との時間に感謝してみてください。

ペンネーム ayurap0

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事