ギモンに切り込む

学校に行かなくたってなんとかなるさ

私は小学6年生の頃、連休明けや新学期が始まる時期が嫌いだった。

親の再婚が理由で、慣れ親しんだ学校を転校して、6年生になって新しい学校に行くことになったからだった。私はとても辛かった。
通い慣れた通学路、優しい先生、にぎやかなクラスメイトたち。

幼いながらに積み上げてきた人間関係があったのに、何故一からやり直さなければならないのかと思っていた。しかし、転校してみると案外簡単に仲良しの友達ができた。

喜んだのもつかの間、転校早々に事件が起きた。
同じクラスのSさんの鉛筆が無くなったという小さいけれど大きな事件。
みんなで教室中を探すと、何故か私の机の側に落ちていた。
クラスの中心的な男子が叫ぶ。
「あいつが盗った!!!」

教室中の視線がいっせいに私の方に向いた。
今思えば、Sさんの席は私の斜め前だったし、Sさんが使って出したままにしていたのではないかとも思うけど、12歳ぽっちの子どもにはそんなこと考えつかなかった。

私がいくらやっていないと訴えても、誰も聞いてはくれなかった。「よそからやってきて、クラスの和を乱した子」という風に認識されてしまったのだと思う。
SさんやSさんと親しいクラスメイトたちは怒ったような、睨みつけるような顔で私を見ていた。
私は、一瞬にして「どろぼう」にされてしまった。

それからの学校生活は、とても明るいとは言えないものになってしまった。
上履きが無くなったこともあった。
「寄せ書き」と称して、ノートをぐちゃぐちゃにされたりもした。

あまりに辛くて、夏休みが終わるころ、初めて母に学校に行きたくないと伝えた。
母は「行きたくなったらまた行けばいい。無理に行くようなところじゃない。」と言ってくれた。
行きたくないと言ったら失望される、嫌われると思っていた私は、ありがたいやら、自分が情けないやらで大泣きした。

大人になってから、どうして行かなくていいなんて言ったのか聞いてみたら、
「あなたが行きたくないところへは、無理に行かせる必要ないのよ。それに、あなたは学校に行かなくたって、何が大切かわかっていたから。」と母は言っていた。

学校でいじめられているとか、なんだかわからないけど学校に行きたくないとか、学校に行けない理由は人の数だけある。
理由はたくさんあるけど、学校に行けないということは、今は心や体を休めて充電をしないといけないという自分からのメッセージなのだと私は思う。

学校に行けなくたっていいんだ。
無理しなくたって大丈夫。
なんとかなるさ。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事