ギモンに切り込む

【不登校体験談】私は中学2年生。自傷行為も自殺未遂も家出も経験した。

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

P.N.くるみ

私は今中学2年生です。

学校が苦になったのは小学6年生で、不登校になったのは中学2年の11月下旬頃です。

私は小さい頃から行動力と好奇心があり、皆が予想しないことをして褒められたり怒られたりしていました。

小学6年生に病み始めた私ですが、行動力があっても病んでる理由が分からず誰にも相談出来ずにいました。

それは中1になっても続きました。

病んでいても人の前では病んでる姿は出さずに元気な姿を演じていました。

中1のある時授業中、私は何故か泣いてしまいました。

それも、止めようとしても止まらず、涙の粒は大きく、号泣でした。

後日、先生に呼び出され「何かあったのか?」と言われましたが、私は分からず黙り込んでしまいました。

私は一生懸命原因を探しました。

部活、勉強、親の離婚の話、親からの期待、確かにどれもストレスで辛かったです。

ですか、ピンとくるものがなくカウンセラーの生生にもうまく自分のことが伝えられない日々が続きました。

そして、いつの間にカウンセリングは終わりました。

そして月日は経ち、中学二年生になりました。

ここから私の快進撃が始まります!

とりあえず息抜きに自傷を始めました。

9月頃になると部屋で首吊り自殺未遂を2回しました。

この頃には完全に自分も何が何かわからず病み期の最高潮にいます。

しかし、この頃も親に「学校に行け」と言われていた為、学校には行っていました。

正直学校から飛び降り自殺しようかと思うぐらい辛かったです。

11月、とうとう限界が来てしまいました。

Twitterで家出を手伝ってくれる人を募集しました。

そして、私は200km離れた所まで、逃げたい一心で家出しました。

日本の警察は凄く、2日で保護されてしまいましたが、家出という行動は私を変えてくれました。

警察から事情聴取された後児童相談所という施設に保護されました。

そこには2週間ほどいました。

楽しかったですが、正直毎日寝る前に泣くほど精神的にはキツかったです。

そして、家に帰ってきました。

自殺未遂した紐、自傷に使った薬、刃物が見つかり、その為もあってか親が凄く優しくなっていました。

そこから私は学校には保健室通いしていました。

でも、それも私には辛かったので、今は完全に不登校です。

そして、これからはフリースクールというところに通おうと思っています。

今私のモットーは
好きなことを好きなよう
にです!

自己中に聞こえるかもしれないですが、それぐらいが私にはそれぐらいがちょうどいいと思います。

我慢とか謙遜とか常識の範囲内で、無理することなんてないと思います。

私は趣味を探すために挑戦の日々で、とても楽しい日々です。

確かに腕には病み期の苦しみが残っていますが、今の顔には笑顔ばかりです。

もし、学校が辛い当事者が見ているのならば少しでもこの文章が励みなったらいいと思ってます。

そして、不登校又は休みがちのお子さんがいる親御さんが見てくださっていなら、どうか不登校だから休みがちだからと言って焦って欲しくないです。

これから何十年も生きる命を死に近づけて欲しくない。

選択肢なんて数え切れないほどあるし、お子さんだって今の現状にパニックかもしれない、だから、焦って何かを押し付け欲しくないです。

私の親が焦っていたから他の子にはそんな目にあって欲しくないんです。

1人でも多くの人が笑顔になることを願っています。

【100人以上掲載中】本ブログに掲載されている不登校体験談まとめ こんにちは。 小幡和輝です。この記事ではみなさんからいただいた不登校の体験談をまとめています。 不登校体験談の記事まとめ...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

[email protected]はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!