雑記

こち亀がいよいよ最終回で完結・・最終話を予想

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

9月17日発売のジャンプをもって、40年続いたこち亀が最終回と知り、驚きと寂しさでいっぱいです。

ジャンプは10年以上毎週買ってきましたが、毎週楽しみだったなぁ。。

アニメも映画も大好きでかなりのこち亀ファンです。

40年間。単行本にして200巻。

秋本先生。本当にお疲れさまでした。

無粋ではありますが最終話を予想してみたいと思います。

1.両さんが公園前派出所からいなくなる。

アニメの最終回が「さよなら両さん大作戦」という話で

みんなに叱られたことにふてくされた両さんが、いたずらで本庁に移転するという嘘の情報を流します。そして、両さんは突然、制服もちゃんと着て真面目に仕事をするようになります。

みんながその嘘を信じ、商店街の借金がチャラになったりいろいろプレゼントをもらったり、とにかくさみしがります。

しかし、どんどん大事になってしまい、移転の式典まで行われることになって引っ込みがつかなくなってしまい、とうとう嘘がバレてみんなにめちゃくちゃ怒られる。というストーリーです。

普段、厳しい大原部長をはじめ、こち亀のキャラクターが両さんとの想い出を語っている姿は、両さんがどれだけの人に愛されているのかが良くわかります。

数多くの話の中でも、名作だと思います。

今回の最終回でもこのような展開になるのではないかと思います。

「さよなら両さん大作戦」は、普段よく出演するキャラクターだけでしたが、40年間の歴史の中で登場したたくさんのキャラクターが登場するのではと予想します。

2.そもそも警察を辞めてしまう。

この展開もあるかなと思っています。

犯人を逮捕するために、相手に大怪我を負わせてしまいその責任を取って辞める。とか
それを知ったみんなが引き止める展開ですね。

たくさんのキャラクターが登場して、両さんとの想い出を語る。という展開はあるんじゃないかなぁ。。

話の中で、誰かが無駄なことをして、今日が最終回なんだぞ!みたいなツッコミとか、最初の数ページが両さんから読者へのメッセージとか、最終回をテーマにした話の可能性とかもありそうですね。

3.麗子と結婚する?

この二人の中は一体どうなるでしょうか。麗子はお見合いの話を度々断っていますし、両さんのことが気になっていることは事実。両さんもまんざらではない感じなんですよね。(どっちかというとお金が目当てだと思いますが)アニメの「ヨーロッパ横断!麗子救出大作戦」は名作だったなぁ

誘拐された麗子を救出した人と結婚してほしい。という麗子パパの要望。両津が麗子を助けてめっちゃいい感じになるのですが、最後に「2兆円(秋本グループの総資産)と麗子はわしのもんだ!」といってしまい、麗子にビンタされて終わり。という話です。

そのときに「一瞬でも、両ちゃんと結婚してもいいと思った私がバカだったわ」というセリフをいってますので、可能性がないわけではないと思います。

さてさて、果たしてどうなるんでしょうか・・

コミックス最終巻もジャンプと同じく9月17日発売のようです。


記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者1000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
関連記事