地方創生

【プレスリリース】今年も高野山で開催!47都道府県がつながる地方創生会議

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

起業家・政治家・フリーランスなど”地方”を盛り上げる若者が集結。

7月6日・7日、「第3回地方創生会議」を高野山にて開催します。

〜 関係人口や多拠点居住が注目される今、改めてこれからの地方創生について考える 〜

 

地方創生会議実行委員会(実行委員長 小幡和輝)は、「第3回地方創生会議」を2019年7月6日(土)〜7日(日)、高野山にて開催します。全国各地で活動する起業家、政治家、フリーランスが集うプラットフォームとして地方創生を応援します。

 

地方創生のプラットフォーム

 東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的として、2014年から国主導で進む、地方創生。人口急減・超高齢化という日本が直面する大きな課題を解決すべく、各地域がそれぞれの特徴をいかした社会づくりが求められています。

 その中で私たちは、地域で活躍するプレイヤーが集う場として、2017年から年1回、高野山にて「地方創生会議」を開催し、毎年200名の若者が参加しています。今年は7月に、第3回の開催が決定しました。

 

民間×行政×政治が混ざり合い

「これからの地方創生」を語る

 前年まで広く門戸を開いていましたが、今年からエントリー制に変更。地方創生に関わる実践者が集うコミュニティづくりに重きを置くため、実行委員会による審査を通過した人のみが参加できるイベントになりました。

各地で奮闘する政治家、起業家、フリーランスなどがノウハウや知見を共有しながら、これからの地方創生を考える場を目指します。

 メインコンテンツとなるトークセッションは、『これからの東京と地方』、『地方発!〜自分たちで経済圏をつくる〜』、『これまでの「地方創生」とこれからの「私たちの生き方」』の3つ。関係人口や多拠点居住などのキーワードが注目される中、これまでの地方創生の取り組みを振り返るとともに、これからの地方創生並びに私たちの生き方を考えます。

 

 

【本件に関するメディアからのお問い合わせ先】

担当:地方創生会議 実行委員会 実行委員長 小幡和輝 

Email :kazuki@nagomiobata.com

◾️地方創生会議 開催概要

日時

2019年7月6日(土)13:00〜7日(日)16:00

場所

高野山 大師教会

参加費

社会人 20,000円(エントリー制)

学生かつ25歳以下 15,000円

※宿泊費と食費を含みます

対象

・民間企業、自治体職員、政治家・フリーランス、クリエイター、学生など地方創生に関わる活動をしている方

・これから始めようとしている方

内容

<7月6日(土)>

13:00 開会・アイスブレイク

13:30 トークセッション①「これからの東京と地方」

 ・木村昌史(ALLYOURS 代表)

 ・菅本香菜(旅するおむすび屋)

 ・山下 翔一(ペライチ 創業者)

14:30 ワークショップ

16:00 分科会①

17:00 分科会②

18:30 レセプション

 

<7月7日(日)>

9:00  高野山のアクティビティ

12:00 ランチ

13:45 トークセッション②「地方発!~自分たちで経済圏をつくる~」

 ・林篤志(Next Commons Lab Founder)

 ・山口拓也(株式会社Ponnuf 代表取締役)

 ・柳澤大輔(面白法人カヤック 代表取締役CEO)

14:45 トークセッション③「これまでの「地方創生」とこれからの『私たちの生き方』」

 ・脇雅昭(よんなな会 発起人)

 ・家入一真(株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長)

 ・平将明(衆議院議員/元内閣府副大臣)

15:45 クローズ

16:00 完全閉会

【地方創生会議の詳細はこちらから】

・地方創生会議 OfficialWebsite http://chihousouseikaigi.jp/

・参加申込ページ https://chihousouseikaigi3.peatix.com/

 

◾️小幡和輝プロフィール

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder

内閣府地域活性化伝道師

#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。

2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。2019年度も全国100ヶ所で開催予定。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

高野山に200名が集結! #地方創生会議【1日目】梅雨明けして気持ち良い青空が広がる中、高野山を舞台に第2回地方創生会議がスタートしました! 47都道府県が繋がる場所。地方創生のプラッ...

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者2000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!