不登校

『どうしてこんなことしてるんだろう』教育虐待の末、不登校になった私

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

P.N.絢可

小学生の頃からガリ勉させられてた。

「100点は取って当たり前。」

そう言われて育った。

平日は放課後から約8時間。

休日は朝から深夜まで。

これが私の中学時代の勉強時間。

学年の順位は常に一桁台。

それでも塾に通う子にはかなわなくて、トップを取れない私に母は満足しなかった。

テストの結果、あと1点で満点だった時。

両親は99点の努力を認めず、足りない1点を責めた。

父の実家と上手くいかない母は、私の成績を盾にしていた。

私はそれを知っていたから、抵抗出来なかった。

父は元々勉強の出来る人。

出来ない人の気持ちがわかる人じゃなかった。

ずっとガリ勉でろくにテレビも見られなくて、流行に疎い私はいつもクラスでは浮いた存在。

でも、なりたくてこうなんたんじゃなかった。

小学校まではなんとかなっていた人間関係も、中学校入ったらガラガラ崩れていった。

両親と学校の板挟みに限界を超えた時、それまで認識できた人の話や文字が認識できなくなって。

中学2年。

学校、行けなくなった。

あれから14年が過ぎた今でも、机に向かうことが苦手。

身体と心にある、消えること無い傷痕。

それでも夢を抱き、やっと働き始めたり。

間違いなく、人生で今が一番幸せ。

その幸せは、不登校がもたらしてくれた。

本当に大切なことは何か。

本当に大切な人は誰か。

不登校になって初めてわかった。

そして、自分の人生を大人達から取り戻せた。

自由に生きるのって、きっと一番怖いこと。

勇気が要る。

でも学校に行かない自由を選んだなら、それは間違いなく大きな一歩。

大丈夫、立ち止まってなんかいない。

進んでいない人なんて、きっといないよ。

【記事まとめあり】このブログではみんなの不登校体験談を集めています 不登校体験談の記事まとめはこちら 昨日の深夜にこんなツイートをしました。 学校であった嫌なこと、辛かったこと、転校したり、辞...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者1000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
関連記事