不登校

『どうしてこんなことしてるんだろう』教育虐待の末、不登校になった私

不登校の子ども、親御さん向けに公式LINEを配信中です!LINE内で無料相談も行なっているのでぜひご活用ください。
その他にも無料特典として以下の3つがあります。

・不登校体験談
・書籍の無料お試し
・著名人との対談記事

ぜひご登録お待ちしております!
>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

P.N.絢可

小学生の頃からガリ勉させられてた。

「100点は取って当たり前。」

そう言われて育った。

平日は放課後から約8時間。

休日は朝から深夜まで。

これが私の中学時代の勉強時間。

学年の順位は常に一桁台。

それでも塾に通う子にはかなわなくて、トップを取れない私に母は満足しなかった。

テストの結果、あと1点で満点だった時。

両親は99点の努力を認めず、足りない1点を責めた。

父の実家と上手くいかない母は、私の成績を盾にしていた。

私はそれを知っていたから、抵抗出来なかった。

父は元々勉強の出来る人。

出来ない人の気持ちがわかる人じゃなかった。

ずっとガリ勉でろくにテレビも見られなくて、流行に疎い私はいつもクラスでは浮いた存在。

でも、なりたくてこうなんたんじゃなかった。

小学校まではなんとかなっていた人間関係も、中学校入ったらガラガラ崩れていった。

両親と学校の板挟みに限界を超えた時、それまで認識できた人の話や文字が認識できなくなって。

中学2年。

学校、行けなくなった。

あれから14年が過ぎた今でも、机に向かうことが苦手。

身体と心にある、消えること無い傷痕。

それでも夢を抱き、やっと働き始めたり。

間違いなく、人生で今が一番幸せ。

その幸せは、不登校がもたらしてくれた。

本当に大切なことは何か。

本当に大切な人は誰か。

不登校になって初めてわかった。

そして、自分の人生を大人達から取り戻せた。

自由に生きるのって、きっと一番怖いこと。

勇気が要る。

でも学校に行かない自由を選んだなら、それは間違いなく大きな一歩。

大丈夫、立ち止まってなんかいない。

進んでいない人なんて、きっといないよ。

【100人以上掲載中】本ブログに掲載されている不登校体験談まとめ こんにちは。 小幡和輝です。この記事ではみなさんからいただいた不登校の体験談をまとめています。 不登校体験談の記事まとめ...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

【無料相談・無料特典あり】
不登校生、親御さん向け公式LINE

LINE登録の無料特典
  • 不登校体験談
  • 書籍の無料お試し
  • 著名人との対談記事

僕自身も中学生までの10年間、不登校でした。しかし、その後は大学まで進学し、現在は会社の代表を務めています。

その経験を経て言えるのは「不登校は悪いことではない」ということ。行きたくない子を無理やり学校へ行かせるのも、良くありません。

そんな僕の思いや不登校に関する最新情報をLINEで発信中です。内容盛りだくさんの特別記事も、無料でご覧いただけます!

ぜひこの機会にご登録ください!

\体験談や著名人の話を読める/

>>小幡和輝の公式LINEの詳細はこちら

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』『子ども稼ぐ力』など 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!