シンプルにまとまった記事を作っておきます!

#不登校は不幸じゃない は全国各地のイベントとSNSの#を組み合わせた、不登校を肯定するムーブメントです。

各地の主催チームは不登校の経験者が中心となって運営しています。

8月19日に47都道府県すべて合計100ヶ所で同時にイベントを開催。関係者含め約1500名が集まりました。







image


#不登校は不幸じゃないの投稿はプロジェクトスタートから約4ヶ月で2万件を突破。
たくさんの著名人からも賛同メッセージをいただいています。








・メディア掲載について

39869310_1686160124844637_3628697519111798784_n


NHK全国放送のおはよう日本をはじめ、全国各地のテレビ・新聞など、100以上の媒体に取り上げていただきました。

39958390_330323264204318_872715059371966464_n








プロジェクトに参加していただける方はこちらからリクエストをお願いします。
https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

#不登校は不幸じゃない では引き続きさまざまなプロジェクトを仕掛けていきます。共同をお考えの企業・団体の方がいらっしゃいましたらこちらからご連絡ください。

kazuki@nagomiobata.com (担当 小幡)

発起人 プロフィール

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など