就活

大学についてのご報告。

みなさん、ご卒業おめでとうございます。

この表現からわかるかもですが、僕は大学を卒業できませんでした。

あと2単位あれば。。

先日、和歌山大学の卒業式がありました。

同級生を見送ろうということで出席したんですが、会場に着いてすぐ、モヤモヤした感情が込み上げてきました。

卒業できないのは少し前からわかっていたこと。

「そういえば大学は?」

半分笑い話で「いやー。卒業できませんでした。」って答えてました。

正直、僕にとってはあまり関係のない話ではあります。
就活はしていないし、大学院に進む予定もないし。

だから、特に深く考えることもなく、卒業式に行きました。

「卒業おめでとう!」

当然、みんなはそれぞれの道を歩き始めます。

みんなの晴れ姿、これからの話を聞くと思ったんです。

「ああ。僕も一緒に卒業したかった。」

もちろん、会社の事業という面ではいろんなことが進んでいます。いまが一番楽しいです。

でも、なんかモヤっとした気持ちが込み上げてきました。

僕の時間がここで止まったような感覚。なんとも言葉に表現しにくいのですが、あまり居心地がいい場所ではありませんでした。

一通りみんなと話し、本来であればその後は食事会がありました。

もともとは出席するつもりだったんですが、僕は行きませんでした。

みんなのことが嫌いとか、そんなことは一切なく、行ったらダメなような気がしました。

この気持ちはなんなんでしょう。

すみません。上手く表現できないのですが、いまの僕の心境を書くと同時に、もう少し大学生をするよ。というご報告にさせていただきます。

何度も何度も辞めるかどうか悩んだけど、せっかくここまで来たので、なんとか頑張ろうと思います。引き続き見守っていただければ幸いです。

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事