ギモンに切り込む

【不登校体験談】不登校になって、家にも居場所を失った。それでも今、幸せです。

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

この記事を読んでいる方は、不登校で悩んでいたり、学校になんとなく居心地の悪さを感じていたり、あるいは家族や友達がそういう悩みを抱えている方が多いかと思います。

私は中学1年生から2年生にかけて、計9か月以上、不登校生として過ごしていました。

直接の原因はクラスでのいじめでしたが、相談してもまともに取り合ってくれない先生や、学校に行くことを強要する両親に対して不信感を抱き、学校だけでなく家でも生きにくさを感じていました。

不登校になった後、引きこもった私に両親が提案してきたのが「転校」。

当時は学区の決まりが厳しかったのですが、市の職員さんが協力してくれたこともあり、私は2年生の夏から学区外の中学校に転校しました。

大人に対する不信感や学校そのものへの恐怖心から学校復帰には時間がかかりましたがその時に真摯にサポートしてくれたのが、担任の先生だったのです。

先生は、私の過去もすべて知ったうえで、「前の学校の話題は出さないほうがいい?」など一つひとつ聞いてくれて、かつ必要以上に踏み込んでくることはありませんでした。

学習面でも、間違えて笑われることを恐れる私に対して「授業は間違えるためにやる。そうして学んで、正しい方法を知ればいい」と声をかけてくれました。

あの先生のおかげで、私はまた学校に通えるようになり、その後5年以上の付き合いになる友人とも出会えました。

いじめを受けたり、不登校になったりすると、まるで自分の味方はどこにもいないように感じてしまうと思います。

実際私もそう思っていたし、今でも家族とは少し 気まずい関係です。

でも、転校という環境の変化、信頼したいと思える人との出会いをきっかけとして、少しずつトラウマを克服し、今ではフリースクール設立など、悩んでいる人の居場所作りをするまでになりました。

もちろん、学校が合う人もいます。
そこで良い出会いを見つける人もいます。

でも、もし今あなたが学校の中で悩んでいるのなら、外の世界に目を向けてみてください。

世の中には、どんな環境にも合う人はいないし、どんな環境合わない人だっていません。

学校が合わないことは、特別なことではないんです。

でも、一歩踏み出すのって、すごく怖いと思います。

世の中には悪い人もいるし、 悪意を向けてくるような場所だってあります。

でも、そうやって探し回った末に、かけがえのない相手と出会えるかもしれません。
その出会いから、今、近くにいる人たちとの付き合い方も変わるかもしれないのです。

学校という狭い世界だけで諦めてしまうのはもったいない。

ボランティア活動、アルバイト、どんな形でもかまいません。

さまざまな場所で、いろんな人と話をしてみましょう。

リアルの場でもいいし、ネットを利用してもいいと思います。

だって私は、学校には合わなかったけれど、今は信頼し合える友人がたくさんいるのだから。
その多くが、SNSなど学校の外で出会った人です。

世界は、自分が思ってるよりもずっと広いです。

この広い世界には、あなたの話が 聴きたいと思っている人や、あなたの力になりたいと思っている人がたくさんいます。

どんどん環境を変えて、自分にとって居心地が良いと思える場所を探してください。

あなたにそんな居場所が見つかることを、すてきな出会いがあることを、心より願っています。

@takaren_kktm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)詳細はこちらの記事を。

8月19日に不登校の当事者に向けたイベントを全国100ヶ所で同日開催しようとしています。
協力してくれる方はぜひこのグループまでリクエストください。
https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者2000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!