紹介記事

裁判の弁護士費用をクラウドファンディングで集める専門サイトがあった。

友人に教えてもらったんですが、これ面白いですね。

法律の専門家とのマッチングサイトリーガル119が始めるようです。

どうなっていくんだろ。

僕自身、これまでかなりのクラウドファンディングに関わってきました。

「やりたいことがあるけどお金がない。」

そんなときにクラウドファンディングという選択肢があることで救われる人がいる。

裁判はできたら避けたいですけど、どうしても話し合いでは決着がつかないとか、あまりにも一方的な悪質な場合は手段の一つですよね。

Twitterで芸能人の誹謗中傷とか。(僕もたまにある。)

でも裁判にはお金がかかる。

成果報酬の部分もありますが、問題なのが着手金です。

案件によってピンキリですが最低でも10万円くらい。相場は20〜30万円と言われています。

確実に勝てるなら別ですが、勝てるかわからない裁判でいきなり着手金というのは辛いですよね。

それで泣き寝入りしている人は多いと思います。

かなり個人的な話では難しいかもしれませんが、一定の共感が得られるような裁判であれば支援が集まるかもしれません。

セクハラやパワハラ。不当解雇。医療ミスなどは支援が集まるような気がします。

僕は裁判が積極的に起こる(起こせやすくなる)ことで結果的に抑止に繋がったらいいなと思っています。

最後の手段として裁判という選択肢があることで、救われる人もいるんじゃないかな。

引き続き注目していきたい。

問い合わせはこちら→裁判支援 特化型クラウドファンディング

関連記事→「クラウドファンディングは寄付ではない。」2000万円の資金調達を通じてわかったこと

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

登録はこちらから↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事