不登校

不登校の新しい解決法。学校に行きたくない子どもと親に知ってほしいこと

初めまして。小幡和輝と申します。

いきなりですが、僕はほとんど学校に行ってません。

でも、いまとても楽しく生きてます。

自分の会社を起業して、社長として仕事をしています。

本業以外にも、47都道府県すべてで『不登校は不幸じゃない』という、不登校の子どもたちに向けたイベントを仕掛けたり、こんな本も書きました。

 

Amazonの教育ランキングで1位のベストセラーです。

少なくとも、僕にとっての学校は行かなくてもいいものでした。

誰でも得意、不得意があります。学校の勉強や仕組みが合わない子がいて当然だと思うんです。

さらに、学校のいじめ問題や下着の色まで指定する校則など、そもそも学校自体にも問題があるのではないかと。

そして、ここが重要なのですが。

学校の役割は、学校に行かなくても別の形で代用できると思っています。

その選択肢を知らないことが問題なんじゃないだろうかと。

この記事では不登校になった後の選択肢になりそうなものを紹介したいと思っています。

学校に戻すことではない、不登校の新しい解決法です。

学校の役割ってなんだろう?

学校の役割は大きく分けて2つ。1つは勉強をするところ。

これは自宅でもできますよね。

例えばリクルートが運営するスタディサプリは980円〜/月で、トップレベル講師の講義映像を見ることができます。

img_450da0b4c69579c1810a529dcc893a2647153

僕は学校の先生の教え方が上手いとは思えないんです。もちろん上手い先生もいますが、本当にピンキリですよね。子どもとの相性もあります。

そして、重要なのは子どもが自分で先生を選べないということです。

スタディサプリであれば自分で講師も選ぶこともできます。学校の勉強自体はある程度やっといた方がいいので、こういった仕組みは重要じゃないかな。

スタディサプリ小学・中学講座編

スタディサプリ ENGLISH

学校のもう一つの役割はコミュニティを作ること。

これも答えが出てます。

不登校になると自由に使える時間が増えます。その時間を使って、まず自分の夢中になれること、自分の趣味になることを探してみてください。

そこからはSNSの出番です。

共有の趣味で繋がるグループはいくらでもあるので、そこで繋がっていく。
それがコミュニティになります。

不登校になったら就職できない。

そうですね。確かに不登校であることが就職においてプラスにはならないでしょう。

だからもう自分で稼いじゃったらいいと思うんですね。

 

「そんなことできるわけ・・」

って思いました?

 

実はいまの時代は結構簡単にできちゃうんです。

まず、月数万円であればすぐ確実に稼げます。

48
例えば、クラウドワークスというサービスを使えば、自宅で誰でもできる仕事をマッチングしてくれます。
 

エクセルで簡単な作業をしたり、流行りのゲームをプレイしたレビュー記事を書くとか。

時給にすると500円くらいになります。

「最低賃金より安いじゃん!」

はい。そう思うかもしれませんが、年齢に関係なく、どこでも、自分の好きな時間で働けて時給500円と考えると悪くはないんじゃないでしょうか。

僕は子どもだけでなく、子育て中のお母さんにもぜひおすすめしたいです。

例えば、中学生がクラウドソーシングを活用して月に1万円を稼ぐことは十分に可能です。

実際にアドバイスして不登校の中学生から感想もらったんですが、やっぱり稼げたみたいです。

こんな体験談も届きました。

クラウドワーキングで不登校中学生の私でも稼げた中学二年 miro 私がクラウドワーキングを始めたのは、 家に引きこもり、 「何かやりたいな」と思いつつなかなか行動に移せないでい...

お金を稼ぐことを通じて、ビジネスマナーやコミュニケーションといった大切なことも学べます。

クラウドソーシングという仕組みもここ数年で一気に広がったものです。僕の当時はなかったから本当に羨ましい。

※クライアントがいるお仕事なので、親と相談して一緒にやってね。

 

「でも、時給500円じゃ生活できない」

 

確かにその通りです。

 

その先はある程度のスキルが必要になります。

レビュー記事を書きまくったらどんどん文章力がついてくるので、もっと単価の高い文章を書く仕事をもらえるかもしれません。

あとはデザインやプログラミングができるとさらにいいですね。

さっきのクラウドワークスの関連サービスクラウドテックを見ると、デザインやプログラミングができると一気に単価が上がります。月給50万円くらいは目指せそう。

もちろん、これはセンスが必要ですが、学べる環境はたくさんあります。

プログラミングの無料体験レッスンの講座がありました。

ヒューマンアカデミーのデザイナー講座がありました。

もう自宅に居ながらでも仕事や学びができる時代なんですよね。

この選択肢を知らない人が多すぎます。

学校以外でもこれだけの環境がある中で、それでも学校の方がいいと思うならば行けばいい。

学校が辛いなら行く必要はないです。

9月1日、夏休み明けに子どもの自殺が増えます。

学校以外の選択肢がもっと広がることを願っています。

楽な道じゃないけど、不幸な道ではないよ。

僕はこっちの道を歩いて良かったです。

関連記事→不登校からフリーラーニングへ。不登校という言葉を変えたいです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を募集しています。(当事者や保護者など)詳細はこちらの記事を。

8月19日に不登校の当事者に向けたイベントを全国100ヶ所で同日開催しようとしています。
協力してくれる方はぜひこのグループまでリクエストください。
https://www.facebook.com/groups/784091841780825/

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

小幡和輝 プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

著書「不登校から高校生社長へ」

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEはじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。 メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など
関連記事