ギモンに切り込む

不登校の経験が私の世界を広げてくれました

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

中学2年生の夏休みが明けてしばらくしてから不登校になりました。

2001年から2002年にかけての丸1年間のお話です。

それは中学生でもみんな携帯を持つのが普通になり始めた時代でした。

しかし私の家は親が厳しく高校生までは持たせないルールでした。

そしてそれが原因で私は仲間外れにされることが増え、不登校になったのです。

学校があった時はまだ良かったですが、夏休みになると誰からも連絡が来なくなりました。

そして2学期になり学校に行くと、私抜きで遊んだ話をみんなが楽しそうにしているのです。

そのクラスメイトの姿を見て私は急速に冷めた気持ちになってしまい、学校が嫌になりました。

友達だと思っていたのに、携帯一つでここまで変わるなら本当は違ったのだと思ったのです。

最初は嫌なだけだった学校が、段々と携帯を持っていない人間が疎外される怖い場所となりました。

そして不登校になったのです。

両親には携帯のせいで不登校になったと思わせたくなかったので理由は言えませんでした。

実際に私は友達っぽい子たちが怖くなっていたので、携帯があったところで変わらない気もしたからです。

最初は時々休むくらいでしたが、その頻度が増えて、10月の初旬には学校に行く方が少なくなりました。

10月の終わり頃からは完全に学校に行けなくなってしまいました。

行こうと思っても、嫌な思いをするくらいなら外に出ないで一人でいた方が良いという気持ちが強かったのです。

両親は最初は無理にでも学校に行かせようとしましたが、私の意思が固いと思うと気持ちを尊重してくれました。

不登校という経験から学ぶこともあると言ってくれたのです。

厳しい両親からすると本心ではなかったのかもしれません。

ですが私は許してくれた両親の気持ちに少しでも応えるために、この時間を有効に使うことを心掛けました。

この間、私は多くの本を読み、家事の手伝いも毎日しました。

この時にマスターした家事は今でも役に立っています。

そんな生活を続けているうちにあっという間に1年が過ぎました。

そろそろ進路も気になるころです。

私は勉強もきちんとしていたので学力はそれほど落ちてはいないと思っていましたが、出席はどうにもなりません。

そのころの私は心理学に興味を持ち始めていて、大学に行きたい気持ちも芽生えていました。

そのためには高校も出ないといけません。

1年の休養で気持ちも落ち着いた私が、学校に復帰するとクラスメイトは驚いた顔で私を見たのを覚えています。

正直居心地が良いものではありませんでしたが、本のお陰で世界が広がっていた私は前ほどの恐怖は感じませんでした。

世の中には色々な人がいると気が付くことができたからです。

振りかえると私は自分の身近な世界だけが全てだと思っていて、視野がとても狭くなっていました。

不登校で自分の殻に閉じこもってそれに気が付くとはなんとも皮肉な話です。

その後は少しではありますがクラスメイトとも話をすることができるようになり平穏に卒業を迎えました。

高校は出席数の関係でそれほど学力が高いとも言えないところになりましたが、そこでは親友と言える友達もできました。

高校は休まずに通い、念願の心理学部にも現役で合格することができました。

今は不登校の時のことは懐かしい思い出として語ることができています。

あのまま無理に学校に通っても、狭い世界に捉われて他人の顔色を窺う性格になっていた気がします。

両親の言葉の通り、私は不登校で貴重な経験を積むことができたのです。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者1000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
関連記事