不登校

中学2年生から不登校に。不登校が私に光を差し込んだ。

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

「不登校になった。」

この言葉にどんな印象を持つでしょうか。

私は現在、中学3年の不登校生です。
中学2年の2学期から原因不明の腹痛(後に過敏性腸症候群と分かる)で学校を休み始めるようになりました。

それまでの私は、部活の部長をしたり、
学校の成績も上位に入っていたり、と、いわゆる「優等生」でした。

学校を休み始めるようになって、
私は、とてつもない危機感と恐怖感に襲われました。
絶対私はならないであろうと思っていた「不登校」になってしまったからです。

毎日、腹痛に悩まされて、家族が私のことで焦っていることが目に見えていました。

「なんで学校に行かないの!」

「早く5分でもいいから行きなさい!」

と引っ張り出されることもありました。

それまでの私は「優等生」で生きていたので、もう、人生終わったな。と思うことはしょっちゅうありました。

でも、それは180°違いました。

不登校をきっかけに光が差し込んだのです。

人生終わりだ。
私はなにもすることができない。

そう思っていた私は、その気持ちから逃れる為に趣味のアクセサリー作りを始めました。

恐ろしい程にはまってしまい、
長いときは1日8時間連続で制作していました。
やればやるほど上達していき、商品として販売できるレベルまでいきました。

家族も私の頑張りを認めてくれて、
「売ってみなよ!」と言ってくれました。

その言葉がきっかけです。

ネットで販売したら、結構売れて(笑)
それからというもの、個展やりませんか?ワークショップしませんか?とお声掛けしていただき、不登校とは思えない程忙しい毎日を過ごしていました。

今では、アクセサリーだけではなく、
教育や不登校問題を勉強したり、ボランティア活動に取り組んだりしています。

私にできることを少しづつですが始めています。

学校に行っていたときよりも、
人との繋がりが増え、会話が増え、
なにより自分自身が成長しているなぁと実感することができています。

もちろん、不登校になって失ったものはあります。

ですが、得たものの方が絶対に多いです。

私のモットーは、

「不登校を楽しむ!」

それだけです。

「楽しむ」だけで私の人生は驚くほどに変わりました。性格も変わりました。

「不登校になった。」

今の私は、人生を変えてくれた、神様的存在だと思っています。

本当に不登校に感謝です。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者2000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!