起業

LINE公式アカウントのタイムライン収益化方法!基準と広告単価についても解説します!

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

著書の無料公開やコラム、記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

先日、LINEの公式アカウントの機能でタイムラインの収益化がリリースされました。

YouTubeの広告のように、投稿した動画に広告をつけることで収益を得ることが可能です。

YouTubeは始めてないけど、LINEの友達はたくさんいるという方であれば(まさに僕だ!笑)新しい収益源にできますし、YouTuberの方でも同じ動画をLINEでも出すことで手間を減らしながら収益を上げていくことが可能です。

LINEのタイムライン収益化方法!

まず、LINEの公式アカウントを開設します(個人アカウントではないので注意、以前は[email protected]と呼ばれていたものです)

次にこちらのホーム画面にあるタイムラインをクリックしてください。

タイムラインにある収益化をクリックすると、収益化基準についての案内が現れます。

 

タイムラインの収益化にはフォロワー500人&50時間以上の再生が必要

YouTubeと同じく、LINEの収益化にも一定の基準が必要になります。

フォロワー数500人(ブロックされてる友達はノーカウントになります)、月間50時間以上の再生が基準となっているようです。

YouTubeは1000人のチャンネル登録、4000時間以上の再生なので、一見するとYouTubeよりも簡単そうですが、LINEをみている時というのはYouTubeのように動画を見る体制になってないので、月間50時間というのはそれなりのハードルであると感じています。

関連動画などで表示される可能性がないことも気になります。

また、YouTubeは一度4000時間を超えてしまえば維持できなくても収益化が止まることはありませんが、LINEの場合は50時間再生されない月が出てしまうと収益化が止まる可能性があるようですので注意が必要です。

【追記】条件クリアしました!

 

僕の場合は申請を押した数時間後には収益化できるようになってました!

具体的な反映は1日後くらいかなと思います!

タイムライン収益化の広告単価について

広告単価はまだ判明していませんが、YouTubeの再生単価が0.1円〜1円くらいなので、それに近い数字になると思われます。

どんな広告が掲載されるかによって金額が違いますので、フォロワーの属性によっては大きく収益をあげることもできそうです。

僕のアカウントも現在基準を超えるために動画をいくつか上げておりますので、具体的な単価が見えたらまた追記したいと思います。

小幡のLINE公式アカウントはこちら↓

https://line.me/R/ti/p/%40obatakazuki

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者5000名超えました!

なお、友達登録特典で著書の無料試し読みと僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもチャンネル登録よろしくね!

小幡和輝の活動を応援してくださる方は、Amazon、楽天で何か買い物をする際に以下のURLからページにアクセスして商品購入していただけると嬉しいです。

購入金額の一部がAmazon楽天から支払われますので活動資金とさせていただきます。

みなさんのご負担がなく寄付できる仕組みです。

あと、読んでほしい記事のまとめです!

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方が記事を寄稿してくれました。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

みんなの不登校体験談はこちらから読むことができます

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
LINEで最新情報を受け取る