小幡和輝オフィシャルブログ

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。

カテゴリ: 雑記

obata_shoseki_kokuchi-03






いよいよ発売が迫ってきました。

改めてこの本に込めた想いを書いておこうと思います。

今回の書籍のタイトル「学校は行かなくてもいい 」は、学校を否定する本ではありません。

一部の方から、「義務教育を否定するのか!」「不登校を推奨している!」という批判をいただいてますが、僕の意図はまったく違います。

学校は行かなくて"も"いい です。

学校は行かなくていいではなく、学校は行かなくて"も"いい

"も" が重要です。

不登校という選択肢があること、不登校になるのであれば、これはやっといた方がいいよ。

ということを書いた「正しい不登校のやり方」です。

僕は10年間の不登校を経験後、高校3年生で起業しました。

不登校になったあと、僕はゲームにハマり、ゲームで友達ができて、そこからゲームの大会を主催したり、イベントを主催する友人もできて、イベントを作る仕事をはじめました。

そして、そのまま起業して"今"です。

僕の経験は特殊だと思います。一般的な不登校の体験談ではない。

なので、僕だけの意見ではなく、たくさんの体験談を掲載することにしました。

このブログで寄稿をもらった体験談が10人分。
→関連記事 不登校の体験談を集めたいです。

そして、ケーススタディということで4名の体験談を掲載しました。

大量生産モデルの学校に馴染めない子は社会不適合なの?JERRYBEANS×小幡和輝対談(前編)

ある日を境に一人ぼっちに。逃げ続けた先に見えた、好きと才能を生かす世界。家入一真×小幡和輝対談(前編)

田舎ならではの狭いコミュニティが辛かった。吉藤オリィ×小幡和輝対談(前編)

不登校でもいい。学校以外に居場所を見つけよう。河合未緒×小幡和輝対談(前編)

僕自身もこれまで数百名の当事者や保護者と話してきました。
たくさんの意見を集約し、僕なりに辿り着いた不登校マニュアルです。

多くの方は不登校を解決することを考えます。

僕は不登校を肯定したい。

それは感情論だけではなく、論理的にも。

学校の役割はなんだろう?学校に行くとどんなことが学べるんだろう?

じゃあ、これとこれとこれを抑えたら、学校は行かなくてもいいよね。

そんな選択肢を作りたいんです。


考えてみてください。


たまたまその地域に住んでいた、
なんの共通点もない数十人が、
1年間同じクラスでずっと一緒に学ぶんですよ?

合わない人がいて当然じゃないですか?

社会人の仕事に置き換えてみたら?

合わない職場ってありますよね。でも、ある程度は共通の価値観があるはずなんです。

少なからずその仕事に魅力を感じて入ってきてるわけですから。

もっというと合わなかったら転職もできるじゃないですか。

自分でコミュニティを変えることができる。

子どもは自分でコミュニティを変えることができません。

これは深刻な問題です。


9月1日、夏休みあけに子どもの自殺が増えます。

僕にはその気持ちがよくわかります。


学校に行きたくなくて、親と毎朝ケンカしました。3ヶ月間です。

家にも学校にも居場所がなかった。



もし、あの期間がもっと続いたら。。。




学校はそこまでして行かなければならない場所だとは思いません。

学校の役割は大きく分けて2つ。

1つは勉強をするところ。もう1つはコミュニティを作るところです。

学校の勉強は、例えばスタディサプリのようなオンラインツールを活用することで、自宅で学ぶことができます。

コミュニティも、不登校の子どもが集まるフリースクールだったり、インターネットを使えば共有の趣味を持つ人たちと簡単に繋がれます。

いまの大人たちが考える不登校と、現代の不登校はそもそも環境が違うんです。

そして、センター試験がリニューアルされたり、働き方改革、副業解禁など、社会の流れも変わろうとしています。


そろそろ教育も変わりましょうよ。


学校に行くことが正しくて、行けないのはおかしいというニュアンスを感じられる”不登校”という言葉。


もうやめましょうよ。


不登校からフリーラーニングへ。

もっと自由で多様な学びを広げていきたいです。


実はもう文部科学省は「不登校を問題行動にしてはいけない」って方針を出してるんですよね。

あとは社会の空気感だと思うんです。

そこではじめたのが #不登校は不幸じゃない

不登校は不幸じゃやないPV用


全国各地で居場所をつくり、SNSの # を活用することで、不登校を肯定するムーブメントを作っていきます。

(なお、新著 学校は行かなくてもいい の印税は #不登校は不幸じゃない の開催資金として活用します。)


ぜひ応援してください。


仲間になってください。


不登校の経験がない人にこそ、ぜひ仲間になってほしいです。

当事者だけで盛り上がるのでは意味がありません。多くの人に届けたいです。

力を貸していただける方はこちらのグループまで参加リクエストをください。
https://www.facebook.com/groups/784091841780825/


よろしくお願いします。


関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など



    このエントリーをはてなブックマークに追加

photo_2018-07-01_16_19_46

第2回地方創生会議、終了しました!

ありがとうございました!

1日目の様子はこちら
http://www.obatakazuki.com/24748283

2日目は、朝のお勤めからスタートしました。


















地方2-6



ワークショップ② プロジェクトピッチ



いただいた参加費を還元するというコンセプトで1人1000円を支援用通貨として還元するプロジェクトピッチをしました!

ピッチをしたのは10名!
高野山のお坊さんから女子高生まで、地域でやりたいプロジェクトについてピッチしてもらいました。

地方2-8


地方2-1





























参加者の小西星七さんがピッチの様子をまとめてくれたので、詳しくはこちらを!

https://note.mu/hoheto_no_hito/n/n4c3df6b28f95


トークセッション③これからの担い手が考える地方の未来

地方2-13



僕がモデレーターをつとめたトークセッション。

「これからの担い手が考える地方の未来」をテーマに、昨年参加者として地方創生会議に参加してくれたメンバーが、この1年で地方とともにどう変化したのか?1年間で感じた地方の未来と価値についてお伺いしました。

・飯貝 誠 タビト學舎 代表 / 第1回地方創生アワード グランプリ
・木村淳史 テラコヤ伊勢型紙 代表 / 第1回地方創生アワード 審査員特別賞
・島田 舜介 EVERY DENIM 共同代表 / 第1回地方創生会議 in 高野山 学生アンバサダー(岡山県)
・小幡和輝 地方創生会議 Founder(モデレーター)

地方2-15




































ランチタイム

地方2-18


昼食は旅するおむすび屋の菅本香菜さん、モテおむすび研究家セトセイラさん、かつお舎「かつお食堂」永松真依さんにお願いしました!

地方2-19














トークセッション④ 地方における新しいお金の作り方

地方2-21


最後のセッションは、地方における新しいお金の作り方。地方こそお金に向き合えば、新しい可能性が広がるのではないか。お金を稼ぐのではなく、「つくる」方法について、様々な角度から話してもらいました。

・鶴岡 裕太 BASE株式会社 代表取締役CEO
・家入 一真 株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長
・イケダハヤト プロブロガー
・林 篤志 Next Commons Lab Founder (モデレーター)









































地方2-24


地方2-22


あっという間の2日間でした。








高野山まで足を運んでいただいたみなさん、本当にありがとうございました!

来年も開催したいと思います!

写真:平井裕士


映像がみれる応援チケットがシステムの関係上6月29日13時以降に申し込みできなくなっています。
こちらに決済システムを作りましたのでご確認くださいませ!
https://polca.jp/projects/dKkFg3BdiJc





小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など



    このエントリーをはてなブックマークに追加

36341533_1864802700245808_5413182320939106304_n


梅雨明けして気持ち良い青空が広がる中、高野山を舞台に第2回地方創生会議がスタートしました!

47都道府県が繋がる場所。地方創生のプラットフォームとして昨年から始めた地方創生会議は無事に第2回目を迎え、今年も200名以上の方々にご参加いただいています。

地方創生会議の詳細はこちら
http://www.obatakazuki.com/21074477

1日目の様子を、参加者のツイートを中心にレポートします!

36421921_1864798050246273_8765889678311161856_n





トークセッション①地方に求められる「ハコモノ」の在り方

約1200年前に弘法大師 空海が開いた真言密教の聖地、高野山。フランスを中心に世界各国から観光客が訪れるこの場所で、地方創生会議が行われています。

三宝法師から高野山と弘法大師についての説明、そしてアイスブレイクのあとは早速プログラムのメインであるトークセッションが始まりました。

36488224_1864798103579601_6502065992011612160_n


トークセッション①ゲスト

・井上 高志 株式会社LIFULL 代表取締役社長
・他力野 淳 バリューマネジメント株式会社 代表取締役
・龍崎 翔子 ホテルプロデューサー / L&G GLOBAL BUSINESS, Inc. 取締役
・前田 有佳利 ゲストハウス紹介サイトFootPrints 編集長(モデレーター)



テーマは地方に求められる「ハコモノ」の在り方。これから地方ではどのような場が求められるのかについてトークが繰り広げられました。









ちなみにトークセッション終了後の控え室では、こんな話題が繰り広げられていたそうですよ〜!





ワークショップ①自分の地域の魅力を明らかにし、ワーキングホリデーのアイデアを出そう!

36457825_1864802673579144_8040334028294848512_n


トークセッションに続いて繰り広げられたのは総務省と連携した「ふるさとワーキングホリデー」をテーマにしたワークショップです。


「ふるさとワーキングホリデー」は、地方をまるごと体感し、地域との関わりを深めてもらうことに目的に総務省が立ち上げた制度。2週間〜1ヶ月地域に滞在し、仕事をしながら地域との関わりを深めていくプログラムです。

なんと自治体や国が滞在費を出してくれて、アルバイトしながら地方での暮らしを体験できる仕組み!

ワークショップではこの仕組みを活かして、新しく何を生み出せるだろう?とみんなで考えていきました。

36418871_1864798076912937_4679424254050041856_n (1)


36370317_1864798033579608_2014428735150751744_n








最後に、自分の町の魅力を活かしたプランを作ってチームで発表!

ここで出たプランは総務省に届けられ、「これはぜひ実現したい!!」というプランがあれば、発案者の元に連絡がいくそうです。

地方創生会議から「ふるさとワーキングホリデー」の新たな過ごし方が生まれるかも!?

とても楽しみです。


トークセッション②地方の未来をつくる行政に必要な経営感覚

36331120_1864798110246267_8127892889448480768_n (1)


この日、最後のプログラムとなったのがトークセッション「地方の未来をつくる行政に必要な経営感覚」。

一極集中化が進む中、「地方創生」は何をもたらしたのか。今後、どのようなビジョンを描き、どのような戦略をとっていけばよいのだろうか。国会議員、市長、公務員それぞれの立場から地方創生の現状(いま)を語り合いました。

トークセッション②ゲスト

・平 将明 衆議院議員
・崎田 恭平 宮崎県日南市 市長
・東 修平 大阪府四條畷市 市長
・脇 雅昭 よんなな会 発起人(モデレーター)


このセッションの発言は、動画中継もSNS発信もNG。オフレコだからこそ話せる内容と、テンポの良い会話であっという間の1時間でした。







各地の料理で盛り上がった懇親会!














地方創生をキーワードに集まった仲間と共に、学び、語り、笑いあう2日間。
明日も豪華ゲストとともに、お送りします!

36406587_1864798056912939_8297126175847743488_n (1)


<2日目のプログラム>

参加者による10名のプロジェクトピッチ

トークセッション③これからの担い手が考える地方の未来

昨年参加者から地方の未来の担い手が帰ってきた。
1年間で彼ら、地方、ともに何が変化したのか?
この1年間で感じた地方の未来と価値を語る。

・飯貝 誠 タビト學舎 代表 / 第1回地方創生アワード グランプリ
・木村淳史 テラコヤ伊勢型紙 代表 / 第1回地方創生アワード 審査員特別賞
・島田 舜介 EVERY DENIM 共同代表 / 第1回地方創生会議 in 高野山 学生アンバサダー(岡山県)
・小幡和輝 地方創生会議 Founder(モデレーター)

トークセッション④ 地方における新しいお金の作り方

地方こそお金に向き合えば、新たな可能性が広がるのではないか。
お金を稼ぐのではなく「つくる」方法。
地方のお金のこれからについて様々な角度から斬っていく。

・鶴岡 裕太 BASE株式会社 代表取締役CEO
・家入 一真 株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長
・イケダハヤト プロブロガー
・林 篤志 Next Commons Lab Founder (モデレーター)

写真:平井裕士





小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など



    このエントリーをはてなブックマークに追加

地方創生会議 ロゴ


いよいよ明日になりました。

スタッフが集まってきました。

36405118_1889417644452157_4753924537723125760_n


36333962_1596909333769717_5015638193811226624_n


36332873_1596909180436399_2920984859755151360_n


地方創生会議は47都道府県すべてがつながる場所です。

民間企業・自治体職員・フリーランス・クリエイター・学生 など

全国に散らばる、地域が大好きな人が高野山に集まる。

地方創生のプラットフォームがここに。

地方創生会議についてはこちら
http://www.obatakazuki.com/21074477

・登壇ゲスト

トークセッション①
地方に求められる「ハコモノ」の在り方

IT化が進む中、今、アナログなハコモノに求められている価値とは?場所はメディアであり待ち合わせ場所。人が集まる溜まり場を作ることで、そのエネルギーが地域にどのような影響を与えるのか。

井上 高志 株式会社LIFULL 代表取締役社長
他力野 淳 バリューマネジメント株式会社 代表取締役
龍崎 翔子 ホテルプロデューサー / L&G GLOBAL BUSINESS, Inc. 取締役
前田 有佳利 ゲストハウス紹介サイトFootPrints 編集長(モデレーター)

トークセッション②
地方の未来をつくる行政に必要な経営感覚

一極集中化が進む中、「地方創生」は何をもたらしたのか。
今後、どのようなビジョンを描き、どのような戦略をとっていけばよいのだろうか。
行政の立場から地方創生の最前線に身を置いてきたキーパーソンが地方創生の現状(いま)を語る。

平 将明 衆議院議員
崎田 恭平 宮崎県日南市 市長
東 修平 大阪府四條畷市 市長
脇 雅昭 よんなな会 発起人(モデレーター)

トークセッション③
これからの担い手が考える地方の未来

昨年参加者から地方の未来の担い手が帰ってきた。
1年間で彼ら、地方、ともに何が変化したのか?
この1年間で感じた地方の未来と価値を語る。

飯貝 誠 タビト學舎 代表 / 第1回地方創生アワード グランプリ
木村淳史 テラコヤ伊勢型紙 代表 / 第1回地方創生アワード 審査員特別賞
島田 舜介 EVERY DENIM 共同代表 / 第1回地方創生会議 in 高野山 学生アンバサダー(岡山県)
小幡和輝 地方創生会議 Founder(モデレーター)

トークセッション④
地方における新しいお金の作り方

地方こそお金に向き合えば、新たな可能性が広がるのではないか。
お金を稼ぐのではなく「つくる」方法。
地方のお金のこれからについて様々な角度から斬っていく。

鶴岡 裕太 BASE株式会社 代表取締役CEO
家入 一真 株式会社CAMPFIRE 代表取締役社長
イケダハヤト プロブロガー
林 篤志 Next Commons Lab Founder (モデレーター)


いよいよ明日ですね。。

昨年の地方創生会議から1年。早かった。

明日が本当に楽しみです。

全国から高野山に集まってくるこの感じが最高だ。

Twitter #地方創生会議 でぜひつぶやいてください!待ってます!

応援チケット(動画視聴権)がシステムの関係上6月29日13時以降に申し込みできなくなっています。
こちらに決済システムを作りましたのでご確認くださいませ。
https://polca.jp/projects/dKkFg3BdiJc

小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など




    このエントリーをはてなブックマークに追加

35989438_1588016824658968_6610966446874820608_n

今日はジャックナイトに参加してきました。

ブロガー、アフィリエイター、フリーランスを中心に300名以上が参加という大きなお祭り。
このジャックナイトのイベントスポンサーをさせていただきました。

35993527_1588016844658966_2985060635030585344_n


不登校とフリーランスの親和性という記事も書きましたが、不登校は学校という枠が合わなかった。フリーランスは会社という枠が合わなかった。

フリーランスは仕事を自分で作り出しますよね。不登校も自分で学びを作り出したら学校は行かなくてもいいと思うんです。

不登校からフリーラーニングへ。ですね。

フリーランスの方に僕のやってることを知ってほしいなぁということで、スポンサーをさせていただきました。

主催メンバーのあんじゅ先生の背中に貼り付けた(笑)
あんじゅ先生は新書「学校は行かなくてもいい」のマンガを書いてくれた方!




obata_shoseki_kokuchi-03





いつもTwitter見てます!って想像以上の人が声かけてくれて嬉しかったです。
認知度が上がってきた感あります。いい感じだ。

ステージでプレゼンもさせてもらいましたが、まぁ緊張した(笑)
コミュ障には辛いぜ。

地方創生会議の話、クラウドファンディング無料サポートの話、不登校は不幸じゃないと新書の話をさせてもらいました。

早速、結構連絡が来てるのがありがたい。

僕の自己紹介はこの辺りを

23歳の若者が1億円の地方創生ファンド設立&第2回地方創生会議のお知らせ
http://www.obatakazuki.com/21074477

#不登校は不幸じゃない 8月19日全国100ヶ所でイベントをやりたいです。
http://www.obatakazuki.com/23624735

クラウドファンディングの手数料がちょっと高いと思っています。
http://www.obatakazuki.com/24383864

ジャックさん大イベントお疲れ様でした。運営の皆さんお疲れ様でした。

さて、ちょっと言いたいことがあってここからは辛口でいきたいと思います。

会場には自分のブログへのスポンサーを求めている方がたくさんいらっしゃいました。
それ自体はまったく否定しないし、個人が自分のブランドを高めて生きていくことには大賛成です。

もっとこうした方がいいのでは?という提案ということで聞いていただけると。

ジャックナイトやプロブロガーのあんちゃさんのスポンサーをしたこともあり、僕のところにも広告を出してほしいというプレゼンがたくさん来ました。

まず、結論として誰にもスポンサーを出していません。

みんな自分のやりたいことを語ってくれまして、それはとても素敵だし、僕にお金がいっぱいあれば応援したと思います。

しかし、お金は有限ですし、僕にも使いたいことがいっぱいあります。

正直プレゼンに来た人はみんな「自分が稼ぎたい」という想いだけでした。

そのお金をどう使うのか。それが社会にどんないい影響を与えるのか。

もう少しそういう視点で話してほしかった。

PRします!というのはもちろんありがたいんですが、それだったらあんちゃさんやジャックさんに出した分でもういいんです。

僕はブロガーさんをどうしても応援したいという気持ちがないので。

(自分の好きなことで、才能があることで生きていく人が増えた方がいいという思いはめちゃくちゃ強いし、応援したいという気持ちはあるけど、それ以上にお金を使いたいことがあるという意味です。このニュアンス伝わりますかね。。)

ブロガーを応援したいと思っている人に向けたプレゼンだったら僕にするのは間違いなんです。

イケダハヤトさんを筆頭に、ブログのおかげで人生が変わった人にしなければ。僕はブログに特に深い思い入れがあるわけじゃないから。。

ごめんなさい。

この前、高校生4名にスポンサーしたんです。

僕は高校生のときに起業して、本当に、本当にたくさんの方に応援してもらってきました。
自分のできることで、次世代に貢献したいという想いがとても強いです。

だから高校生は自分へのメリットを度外視して支援しました。
みんな目指している世界が本当にステキで、純粋でまっすぐで、僕にもっとお金があればと何度も思いました。

参考までに1人のメッセージを貼っておきますね。(本人の許可もらってます。)

すばらしかった。全力応援。

image


image




その人がどんな人を応援したいと思っているのか、どんなメッセージが響くのか。
自分がやりたいこと、なぜあなたの応援が必要なのか。

僕が問いたいのは「お金を出してくれるんだったら誰でもいいのか?」ってことです。

自慢みたいで恐縮ですが、僕はイベントのスポンサーやクラウドファンディングを合わせると、これまで1000万円以上のお金をいただいてきました。

最近はクラウドファンディングをはじめ、インターネットでも集まるようになってきましたが
最初はもちろん1人1人にプレゼンしていきました。

自分の目指している世界、やりたいこと、なぜ自分がそれをやるのか。

なぜあなたに応援してほしいのか。

個人にスポンサーがつく時代だし、その流れをジャマするつもりは本当に一切なくて、でもどうしても言いたくて書きました。

少なくとも僕は、なにかPRしたいものがあって、費用対効果が見込めるもの以外でのブロガースポンサーは多分やらないです。
(友人や稼ぐ以外の目標がある人は別。)

ブログでいくら稼ぐのが目標です。っていう人にあまり興味がないので。

ブロガーで広告を募集してる人のビジョンがあまり見えなくて。。
これ僕の偏見ですかね。。。そうだったらすみません。

ブログで生きていきたいんです!を応援してほしいのであれば、ブログで人生が変わった人にしてほしい。
僕にはもっと違う話をしてもらった方が嬉しいです。

偉そうに本当にすみません。あぁまた嫌われる。。

ジャックナイトは本当に楽しかったし、超コミュ障なので話しかけていただいたことはもう本当に感謝しかないです。

もっとこうなったらいいよね。という提案ということで聞いていただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

【追記】てへ。





小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、僕からの相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出。

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など





    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ