小幡和輝オフィシャルブログ

約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。 もっと詳しい自己紹介は下の記事を! 社会のギモンに切り込んでいきます。

カテゴリ: 雑記

nichinanIMGL9592_TP_V


私は、約20年前に不登校になりました。
中学2年生のころ、修学旅行がありますよね。
そのときから、学校に行くのが本当に嫌になったんです。
恥ずかしながら、友だちがいなかったからです。

もともと、休み時間は自分の席で本を読んでいるか、図書室にいるような地味な子でしたから、友だちがいないのも当然です。
修学旅行はディズニーランドだったのですが、みんなが楽しみにしていても、私は憂鬱でした。
案の定修学旅行は全然楽しくありませんでした。

そのあとから不登校になりました。
私は学校が嫌いでした。
どうして、足並みそろえて進まなくてはいけないのか、私の様な足が遅い人間は1人になってしまうのに…。

授業で朗読するのも嫌でした。
英語の授業も、体育なんて全部本当に嫌でしょうがなかったんです。
いじめなどは幸いありませんでしたが、馴染むこともできず、学校に行くことが嫌になりました。

そんな時、家では受験勉強をしていました。
高校生で変わることはないだろうけど、少しでもいいスタートを切りたかったからです。
中学校に行かなくなって、人と付き合うのが怖くなった私は、中学が終わるまで逃げ切ることにしたのです。
逃げちゃダメなわけがないんだと自分で自分に信じ込ませて…。

そんな私を救ってくれたのが、テレビアニメでした。
「家なき子レミ」という作品を見て、私は勇気をもらいました。
勇気と言っても、中学校に通うための勇気ではありません。
次に進むための勇気です。

それが、高校受験で少しでも自分のやりたいことができる高校に行くという事です。
だって、高校なんて無数にあって、世界中にはたくさんの人間がいるのです。
私にとって中学校が居心地がいいわけではありませんでしたが、高校がどうなるのかなんてわからないですよね。
不登校だからって、やっちゃいけないこともなければ、苦しみつづけなくちゃいけないわけでもないんです。

学校に行かないで、家で笑っていられるなら、笑っていたっていいんです。
今ならインターネットがありますし、インターネットで自分の居場所を見つけたっていいんです。

最後に、私に勇気をくれた言葉を紹介します。
先ほど紹介した家なき子レミの恩人であるヴィタリスさんのセリフです。
「前へ進め。1人でじっと悲しみや苦しみを抱えていても、何の役にもたたん。
それなら悲しみや苦しみを乗り越える為に一歩でも二歩でも前に進む、明日を見つめて」

たった1歩でもいいんです。
自分の歩幅でいいんです。
今歩き出せなくたって、引きこもっていたって、それは異常だからじゃないのです。

そう、タイミングが、場所が悪いだけです。
不登校だって、立派に夢をかなえることも、楽しい人生を送ることもできます。

不登校だって、立派な大人になれます。
だから、嫌な場所からは逃げてしまいましょう。
そしてまた、前に進むだけなのです。

PN ★ミカン

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

-----スポンサーリンク-----




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出
「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など



PP_gekoucyuunojc_TP_V (1)

ペンネーム bisya

○不登校から脱出するために
私の子供は中学一年生から不登校になりました。特に運動もスポーツもできるわけではないのですが、
気弱であまり自分の意見を言える性格じゃないのがいじめの原因につながったのかもしれません。。

不登校の我が子に、どう接して良いかわからず悩んだ時期もありました。
不登校になり、ゲーム三昧の毎日で夜中は起きっぱなしで日中寝るという不摂生な生活をしていました。

このままではいけないと思い、まず取り組んだのが子供の好きなことをさせる!です。
好きなことをすれば気持ちが明るくなり学校に行くことに前向きに考えてくれるかな?
と思ったからです。

○子供の気持ちの本質を捉える
何がしたいか?何が欲しいか?を子供に聞くと最初は全く答えてくれませんでした。
けれどしつこく聞くと、ゲームが欲しいと答えてくれました。
普通ならここで買わないかもしれませんが、私は言われたゲームを全て買いました。
最初は喜んで毎日ずっとしていましたが、徐々に飽きて他のことをするようになりました。
ここですかさず何度もコミュニケーションを取りました。

なぜここまで好きなことをさせたかというと、子供自身も何を一番したいのかが見えていないと考えたからです。
目先のこと(ゲーム)はすぐ答えられるけど本当にしたいことはまだ見えていないことの方が多いです。
当時は中学生になりたてでまだ幼いから当たり前かもしれません。

どんな好きなアニメやゲームをしてどうだったか?子供に答えやすい質問から始まり
どんな大人になりたいのか?ゲームに飽きたら次は何をしたいのか?など多くの質問をしました。

すると息子はあるスポーツに挑戦してみたいと言いました。
(メジャーなスポーツですので身バレの可能性もあるため伏せさせていただきます)
現在サッカー部に所属していたので、なぜ急にそんなことを思うようになったのかを聞くと、
少しは思っていたが、中学校にそのスポーツの部活動がなく第二希望のサッカー部に入っていたが
やっぱりそのスポーツをしたいと思うようになったそうです。

子供は不登校ですが、そのときに考えなけえばおそらくそのような答えは出なかったと思います。

そのスポーツをさせるのに少しお金がかかりましたが、道具を揃え実業団を見に行ったりすると、
子供もそのスポーツに一生懸命取り組むようになり、笑顔を見せるようになりそのスポーツのこと沢山自分から話すようになりました。
学校に行くようになり、さらにその頑張る姿勢から同じ競技の友達を含め沢山の友達ができました。

不登校になったから学校に行きなさいというのは逆効果です。
親としてできることは、子供が何をしたいか本質的な部分を気づかせてあげることです。
そのためにもコミュニケーションは大切です。

最初からうまくいくことは難しいと思いますが、子供が楽しい青春を送れるようにするためにも頑張ってください!

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

-----スポンサーリンク-----




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出
「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など



a1020_000173

娘が小4の時に友達に誘われて部活動に入りました。同級生は一年早く小3の頃から始めていたので、仲間外れにされいじめられました。

それは試合会場をバスで帰って来た時に一人で座って帰って来た時に気付きました。その日始めて入部してからの話しを聞きき、今後の話しをしました。

話しを聞いて見ると部活動だけでは無く放課後に遊ぶ時も、同級生、友達だったはずなのに、何故か部活動は後から入部した事で後輩扱いされて仲間外れにされたりしていたそうです。

学校に行きたくないという日に無理して行かなくていいよと言ってましたが、自分が一つ習い事を辞めて部活動をすると決めたから休みたくないと自分の意思で学校、部活動に行ってました。

中の良いママ友(小4の保護者代表)にも相談して、部活動の時に気にして見ているよと言ってくれましたが、仲間外れにしている一人の親ですから解決する事もありませんでした。

私自身、子供の喧嘩は親の感情論はいらない、子供同士での解決、学校の先生にお任せする事が一番と考えていましたので、自分達親が出来ることを考えて言動に気を付けました。

まず自分達に出来ることは仕事が終わってから、出来る限り部活動の様子を見に行く事で、見てない所へでのいじめが無くなるようにと思い見学してみました。

それと娘をいじめてる子達に腹が立ってはいましたが、その子達にも積極的に声を掛けたり、部活動の無い時に皆んな公園へ連れて行ったり、家に呼んで一緒にご飯を食べたりしてみました。

すると子供達は娘とも仲良くなり、私達にも積極的に話しかけてくれるようになりました。自然と娘の周りに集まってくれるようになりいじめは無くなりました。

娘のいじめは無くなり小6の部活動まで無事に行きましたが、当時娘を仲間外れにしてたリーダー的な子が、他にも意地悪をしていた子達から仲間外れにされました。

秋にあった文化祭の前に、その事を相談され娘はいじめられた辛さも知っているのと、また自分も仲間外れにされるという怖さもあったと思いますが、電話をして一緒に回ろうと言いました。

私も気になり見に行きましたが、ギクシャクした感じでした。しかし少し時間が経てば元通りになるだろうと思っていましたが、その子の親は我慢できず感情を剥き出しにして、学校に自分の子をいじめてる子達と親に謝罪を求めて来ました。

学校にママ友と来て子供達を睨みつけたりして泣かせたり、親の感情論はをぶつけて来たので、子供達は尚更仲良くなれず親達の関係も悪化するばかりでした。

仲間外れにされた子はみんなと一緒仲良くしたいと言っているのに親が感情的になったことで、自分の子がして来たことは棚に上げてお互いに謝る事をせず謝罪ばかりを求め、卒業するまでその子は苦しみました。

子供達は普通に仲良く出来るのに、親の感情論で苦しむ事になっていました。

子供達は子供達で自分の安定性を求めたり同調性を求めたり生きていってます。ある程度の事は子供達の力を信じて見守ることも大事なのでは無いかと思います。

しかし何かが起きなければ何もしてくれない先生もいるので、我々親も何をすれば良いのかを考えながら行かなければならないと思います。

自分の子供を守るのは最後は親だと思います。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

-----スポンサーリンク-----




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出
「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など



IMG_2580

2019年この春に、私は初めておばあちゃんになります。

今年で20歳になり、成人式に着る振袖を用意した私の娘はたった一度だけ振袖に腕を通し母になるのです。

「ねぇ美優、笑う事すら忘れてしまったあの頃が今ではホント嘘みたいに笑うよね。」

あの日は大粒の雨が降った中2の夏の日の事でした。

「いってきます!」

そう言って家を出た美優、普段なら絶対忘れない携帯をその日はなぜか忘れて行ったのです。

主人と娘を送り出し、いつものように朝の片付けをしホッと一息ついた時でした。

美優の携帯がブルブルッと震え着信を知らせたのです。

「誰かな?きっと忘れて行ったの知らないんだろうな?。」

と私は娘のドジを笑っていました。

それからしばらくすると今度は何度も震え始めたのです。

私は電話かもしれないと思い、娘の携帯を覗いてみると…

「どうして学校くんの?」

「ねぇねどうして?」

「ねぇねぇ生きてて楽しい?」

ズラズラっとそんなメールが私の視界に入ってきたのです。

しばらく放心状態となった私は、気が付いた時には美優の学校に来ていました。

職員室に入りクラス名と名前を告げ

「娘を至急呼んで下さい。」

と自分でも何をしているのわからない程の興奮状態で飛び込んで行ったのです。

担任を待つ間、悲しみと怒りがこみ上げ私は今すぐ美優を連れて帰りたい気持ちだけでいっぱいでした。

キョトンとした顔で現れた娘に

「おばあちゃんが危篤なの」

と娘を連れ学校を後にし、その帰り道おばあちゃんの話が嘘だった事と携帯を忘れて行った事だけを伝え私と美優は家に向かって歩きました。

突然足を止めた美優は、大好きな桜色の傘の下でポロポロと泣き出し

「…ないの。学校行きたくないの。」

そう言って大粒の雨の中、小さな頃のようにワンワンと声を出して泣いたのです。

たくさん美優に聞きたい事があったけど、何一つもう聞かなくていい。

携帯を忘れて行ったのではなく美優は私に助けを求めたのだと、その時初めて気付いたのです。

その日を境に美優が学校に行く事はなく、中2の夏で美優の中学校での義務教育は終了となりました。

私は残りの1年半を、義務教育の代わりに家庭教師を頼み中学で学ぶ最低ラインの勉強だけはさせました。

本来なら当然に迎えるはずだった卒業式も校長室で卒業証書を受理し卒業となったのです。

その後、美優は飲食店やショップ等でアルバイトをしながら本当に自分のやりたい事を探していました。

19歳になった時に、コツコツ貯めていたお金でネイルの勉強を始め、ようやく目標をもって歩き出した頃の事でした。

美優が自分の妊娠に気付き…

「私ママになりたい!」

そう言って、美優は入籍しママになる日の為に今はママの練習をしています(笑)。

学校で学ぶ事ばかりが全てではありません。

美優のような人生があっても私はいいと思っています。

大好きな桜色が一面を覆うそんな季節に、私をおばあちゃんにしてくれる娘ですよ。

私の自慢の娘です。

ペンネーム:沙月

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

-----スポンサーリンク-----




小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出
「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など



衝撃的な企画です(笑)




このツイートに対して応募者が当たったらなにに使うかをリプライするという現象が起きています。
(これは必須じゃないから応募者が自主的にやってるのが面白い)








現在の応募者は約80万人(約80万RT)これは日本記録になるとのこと。本日までが受付なのでおそらくまだまだ伸びると思われます。

【追記】世界記録達成!!!!!




すごいですね。すでに400万人以上フォロワー増えてるので最終500万人増加くらいで落ち着くかな。1人あたり20円で増えてるので広告としても優秀すぎます(100円くらいが平均)

このためにアカウントいっぱい作ったりとか、キャンペーン終わったら外す人も多いだろうからざっくり半分外れるとしても1人あたり40円。

ニュースにもなりまくってるから大成功ですね。

広告代理店は辛いだろうな。。1億円以上の広報予算持ってる企業っていっぱいあるから代理店投げるより直接バラまいたほうがよくない?っていう話になりそう。

まぁ前澤さんだからということもありますが。
前澤さんのことをテレビとかで知ってるけどフォローはしてなかった人が一気にフォローしたイメージ。

他の人がやってもここまではならないと思う。ウソっぽいし。

期間が終わってもそんなにフォロワー減らないんじゃないかな。すげーわ。

ということで僕も応募しました!当たらないかなぁ。

P.S.この本の中に出てくる「1億円があっても100万人のフォロワーは付いてこない」っていう一文が好きなんですが、前澤さんがやると100万人のフォロワーが付いてきちゃったのがすごいし、面白いな。

評価経済社会・電子版プラス
岡田斗司夫 FREEex
株式会社ロケット
2013-07-11



小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

小幡和輝へのお仕事依頼について

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師・#不登校は不幸じゃない 発起人

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。


2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長


メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

↑このページのトップヘ