不登校

不登校の子供を持つ親の立場とふるまいと私の実体験

記事の最後にLINEの友達追加の紹介があります。

この記事が役に立ったらぜひLINEで友達になってください!

コラムや記事更新のお知らせなど、いろんな情報をお届けします!

私は二児の父親です。上は中学2年生。下は小学校5年生です。
二人とも男の子で、それぞれタイプは全く違います。

上の息子は内向的でスポーツは得意ではありません。趣味はゲームです。

下の子はとても活発でスポーツも得意、
サッカーをやっています。

親から見て思うのは上の子は私に似て、下の子は妻に似ているように感じます。

我が家で不登校となったのは、上の息子です。友達は仲のいい子はいますが、それほど数は多くありません。

現在、中学2年生になる息子ですが、一時期不登校になりました。
不登校になったのは、中学1年生の時です。
二学期のおよそ三分の二不登校となりました。中1の三学期の途中からなんとか通うようになりました。

親の立場からすると、不登校の期間はとにかく息子のことが心配でした。中学生活はわずか3年間しかありません。終わってしまえばとても早いものです。そして3年生になれば高校受験もあります。将来的なことも考えると、親としては心配と不安でたまりませんでした。

中学生の息子は小学生の頃は、皆勤賞をとるほど休んだことは1度もありませんでした。性格的にもどちらかと言えば、無口であまり余計なことも言わないタイプで、これまで不満や愚痴なども一切聞いたことがありませんでした。

小学生の頃からあまり学校の様子なども語らない為、親としては実際にはどんな風に学校生活を送っているかわからないところがありました。

それに対し、下の子は毎日、学校での出来事を話してくれるので、下の子から学校の様子は聞くことが出来ました。

上の息子の様子を危惧した妻は、ママ友などから情報は日常的には聞いていたようです。

息子が不登校になったのは、自分から行きたくないと言ったわけではないのです。学校に行けなくなったのです。

というのも原因不明の頭痛や吐き気におそわれるようにある時からなったのです。登校しては、早退するという日々がしばらく続きました。病院でもしっかりと検査をしましたが病気ではなく、どうやら精神的なストレスのようでした。

ならば、そのストレスの元は何かを知る必要があり、私達夫婦はその理由を探りはじめました。

そしてわかったことは、ある一人の男子クラスメイトの子のことでした。小学校でも同じでしたが違うクラスだったのでこれまでは関わりはなかったのです。しかし、中学になり一緒のクラスになり息子のストレスがたまったようです。

特にいじめられていたわけではないのですが、何かとちょっかいを出すそのクラスメイトの子がとにかくストレスだったようです。

そこで私達は学校に相談し、うちの子を別のクラスに移してもらいました。

親として環境を変えてあげるのは必要です。それがダメなら転校させるか無理に学校に通わせる気もありませんでした。

無口でまじめなタイプの子供ほどストレスを抱えやすいものです。親としては注意して見てあげる必要があります。

他の不登校体験談も読んでみる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不登校の体験談を引き続き募集しています。(当事者や保護者など)書き方マニュアルを作っています。詳細はこちらの記事を。

関連記事→学校に行きたくない不登校の子どもに読んでほしい記事まとめ。

#不登校は不登校じゃない全国100ヶ所で不登校を肯定する居場所作り

—–スポンサーリンク—–


小幡和輝 Kazuki Obata (@nagomiobata)
ブログの感想とかTwitterでいただけると嬉しいです。

LINE@はじめました!仕事の募集、お悩み相談、お知らせ、雑談など

NagomiShareFund & 地方創生会議 Founder/内閣府地域活性化伝道師

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。様々なプロジェクトを立ち上げる。

2017年、47都道府県すべてから参加者を集めて、世界遺産の高野山で開催した「地方創生会議」がTwitterのトレンド1位を獲得。その後、クラウドファンディングと連携した1億円規模の地方創生ファンド「NagomiShareFund」を設立し、地方創生の新しい仕組みを構築中。
2018年、不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同日開催。SNSで#の関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。GlobalShapers(ダボス会議が認定する世界の若手リーダー)に選出

「高画質」 小幡和輝プロフィール 横長

メディア出演 NHK・フジテレビ・日本経済新聞・The Japan Times など

 

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

もし良かったらLINEで友達になりましょう!

記事更新のお知らせやいろんな情報をお届けします!

LINEだけのコラムもあるので、僕とやりとりもできる【メルマガ】と思っていただけたら!

登録者1000名超えました!

なお、友達登録特典で僕のサイン付き著書を500円引きで購入できるクーポンがもらえます!

友だち追加

YouTubeもよろしくね!

あと、読んでほしい記事のまとめです!

【記事まとめあり】みんなの不登校体験談を集めています

僕の体験談はみんなにあてはまるものじゃない。たくさんの体験談の中から共感できるものを見つけてほしい。

そんな想いに賛同してくれた方から記事を寄稿していただいてます。100人以上の体験談が集まっています。記事を書いてくれる人も募集中です。

【売上も公開】18歳の高校生社長が一億の男になるまで。

僕の具体的な仕事内容についてまとめています。2万文字以上の大作です。

学校に行きたくない不登校の子どもと親に読んでほしい記事まとめ。

不登校は不幸じゃない。周りの目だったりもあるし、どうしても不安になっちゃいますよね。視野が広がるきっかけになれば嬉しいです。

小幡和輝へのお仕事依頼はこちら

僕へのお仕事依頼を検討されている方はこちらをご確認ください。

ABOUT ME
小幡和輝
小幡和輝
約10年の不登校を経験後、高校3年で起業。日本で1番当事者に会っている不登校の専門家です。1年間で1000人以上。#不登校は不幸じゃない 発起人 メディア出演 『NHK おはよう日本』『フジテレビ バイキング』ほか多数。 著書に『学校は行かなくてもいい』『ゲームは人生の役に立つ。』など。 詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください!
関連記事